2017年10月09日

Score: A Film Music Documentary  「すばらしき映画音楽たち」

Score:A Film Music Documentary.jpg2016  

Director:

Matt Schrader

映画音楽製作という角度から。一部の映画ファンには たまらないもの。
作曲家たちのコメントはユーモアを交え、彼らの生き生きとした言葉や表情を見られる機会は普通ない。
有名どころの映画について 新旧織り交ぜ、細切れに。人によって もっと映画のシーンやエピソードを観ていたいものもあれば、このくらいのスピード間でよいものもあり、トータルすれば 退屈しなくて ちょうどよい。
ドキュメンタリー映画は そのテーマへの興味しだいだが、私にとって これほど集中して観られるドキュメンタリーは少ない。心から “すばらしき映画音楽たち”。
続きを読む
posted by JUNE at 21:17| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

Below Her Mouth

Below Her Mouth.jpg2016  

Director:

April Mullen

スウェーデン人モデルのエリカ・リンダーはとても魅力的だが、相手役のキャスティングは いまいち安っぽく見える。なぜダラスが 多くの女性たちの中でジャズミンに惹かれるのかも わからない。ストーリーは普通のテレビドラマ程度。個性のある美しさを持つ彼女がいなければ、ジャンルを誇張した安っぽいパッケージの 劇場未公開 三流映画DVDになっていたはずだ。
ラベル:映画
posted by JUNE at 18:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

Hidden Figures  「ドリーム」

Hidden Figures.jpg2016  

Director:

Theodore Melfi

観やすいハリウッド映画、展開に無駄はなく、最高の起承転結、知るべきアメリカの歴史が背景にあり、社会的問題を提起し、実話に基づく大きな話であり、勇気や努力・向上心・友情や人間関係を感じさせる、明るいサクセスストーリー。と、バランスのとれた作品。主演女優3人も バランスとれた安心感あり、魅力的。
ラベル:映画
posted by JUNE at 18:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

Porto

Porto.jpg2016  

Director:

Gabe Klinger

古い写真のような、8ミリフィルムのような、雰囲気の映画。難しい話ではないが、時間の交錯具合がわかりにくくさせ、しかし、つなぎあわせて 伏線でもあるラストシーンを後で考えると、とても切ない。そして、老け込んだアントン・イェルチンの現実を考えずにはいられず、それもまた もの悲しい。
ジム・ジャームッシュが製作に関わっているが、ジム・ジャームッシュフィルムのほうがとりとめなく、ジム・ジャームッシュフィルムより情緒的。
ラベル:映画
posted by JUNE at 20:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

Planetarium

Planetarium.jpg2016  

Director:

Rebecca Zlotowski

展開は理解できるけれども、この映画のテーマがわかりづらい。日本版ポスター写真は美しいが、テーマについて誤解を招く。ちなみに、このシーンは劇中 印象的ではなく、一瞬。日本版ポスターからは想像できない、時代背景がある。オープニングシーンは素敵だが、タイトルの「プラネタリウム」にはピンとこない。
降霊術という予測できなさと、映画製作の華々しさ。
なんといっても、姉妹役のナタリー・ポートマンとリリー=ローズ・デップに注目が集まる。姉妹がそれぞれに魅力的で、各印象に似合う役柄。
ラベル:映画
posted by JUNE at 19:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする