2017年06月05日

20th Century Women

20th Century Women.jpg2016  

Director:

Mike Mills

マイク・ミルズフィルムの緩さの中には、実はいろんな繊細な要素が含まれていて、ほわっと温かく、微妙にコミカル、最後まで緩い空気のようで、しかし心にメッセージを残す。
時代を反映し、インテリア、音楽、ファッションには 強調し過ぎないスタイリッシュさが。
15歳の少年ジェイミーを取り巻く、母をはじめ、2人の女性と1人の男性。主には、母を含め、女性について。想像どおりにはいかない各々の人生。人生を模索しながら、彼女たちなりにやっていく。
少し風変わりな考え方の母を演じる、ベテラン、しかし嫌みのない、アネット・ベニング。彼女の表情。息子の的を射た言葉による戸惑い、能天気な笑顔、息子を想う母親の顔。
これまでとイメージの違うパンクなスタイルだが、自然体で どこか個性的な彼女らしさは グレタ・ガーウィグ。
最近では繊細な役から大胆な役までこなす、透き通るような魅力のエル・ファニングは、悩めるティーンを。
母が思春期の息子の世話に彼女たちを付けようとしたわけたが、一番冷静なのはジェイミーのような。彼女たちの話を聴き、彼女たちから学ぼうとし、彼なりに母のことを思いやる。
アネット・ベニングを筆頭に、グレタ・ガーウィグ、エル・ファニング、ビリー・クラダップという、アンバランスなようで、それは絶妙。
ラベル:映画 20
posted by JUNE at 01:16| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする