2017年09月23日

Planetarium

Planetarium.jpg2016  

Director:

Rebecca Zlotowski

展開は理解できるけれども、この映画のテーマがわかりづらい。日本版ポスター写真は美しいが、テーマについて誤解を招く。ちなみに、このシーンは劇中 印象的ではなく、一瞬。日本版ポスターからは想像できない、時代背景がある。オープニングシーンは素敵だが、タイトルの「プラネタリウム」にはピンとこない。
降霊術という予測できなさと、映画製作の華々しさ。
なんといっても、姉妹役のナタリー・ポートマンとリリー=ローズ・デップに注目が集まる。姉妹がそれぞれに魅力的で、各印象に似合う役柄。
ラベル:映画 p
posted by JUNE at 19:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Swiss Army Man

Swiss Army Man.jpg2016  

Directors:

Daniel KwanDaniel Scheinert

変わった映画だとは承知の上で。
主人公ハンクの想像の世界。彼の孤独な心を表す。締めようによっては人物像と心理に納得できるメッセージを含んだものになるだろうに、いまいちわかりづらく、最後までギャグで終わった。
これでは、ハンクのストーカー気質と精神的な問題が浮き彫りになっただけだ。彼女との関係も 最終的にもう少し美しく描いてほしい。
ただ、この映画を初めから 愉快なブラックコメディーだと思って観ればよいのかも。
ポール・ダノは奇妙な役が似合う、どんな人物になるのか 毎回楽しみだ。ダニエル・ラドクリフはハリーポッターの枠から抜け出すのが難しいため、他にはないような意外な役でわるくない。
ラベル:映画 s
posted by JUNE at 16:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sur quel pied danser  「ジュリーと恋と靴工場」

Sur quel pied danser.jpg2016  

Directors:

Paul CaloriKostia Testut

フレンチミュージカルタッチは目新しいが、スタイリッシュさはなく、1曲が長いとダレる。歌う必要ないような。
田舎町で不景気の中、正社員を目指す主人公ジュリー、本社の近代化計画により、職を追われまいとストライキを起こす靴工場の女性職員たち という社会的ストーリーを ゆるく、コミカルに。
頑張ってきた、待望の正社員になれるというときに、ジュリーは 違うものを選ぶ。‘愛が大事’は美しいようで、この映画のテーマがブレる。再稼働した靴工場で 仲間たちと生き生きと働くとともに、サミーと仲直りして と、仕事も恋も手に入れたハッピーエンディングにすればよいのに。
主人公ジュリー役の彼女は、どこで観たのだか..「エデン」か。脇役タイプだが、この映画の雰囲気には合う、抜けた キュートさ。
彼サミー役は、若いヴァンサン・カッセルのようだからか どうもワルに見え、魅力があるとは思うが、ジュリーには合わないような。
続きを読む
ラベル:映画 s
posted by JUNE at 14:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする