2017年09月29日

A Dog's Purpose  「僕のワンダフル・ライフ」

A Dog's Purpose.jpg2017  

Director:

Lasse Hallström

これぞハートウォーミング。シンプルな話だが、だからこそ心をつかまれる。シンプルながら 目新しいのは、犬の転生。
犬視点。コメディーや子ども向けの動物視点映画は過去あった気がするが、意外と新鮮な、犬目線の犬主役。
犬から見える人間や環境、犬が人間や周囲に対して感じていること、犬の心の声。本当に犬の気持ちがそういうものなのかは別として、犬視点はユーモアあり、なぜか納得、微笑ましい。普通に人間の世界が映されるシーンと犬目線とを自然に混ぜてあるので、違和感なく 観やすい。
犬視点だから 素直で無知な受けとめ方、それは 人間の暗い部分のストーリーを和らげるが、素直な見方だからこそ感動を誘う。
犬は何度か生まれ変わって、別の犬種になり、別の名前を付けられる。それぞれの人生ならぬ犬生には、それぞれ人間との関わりがある。楽しく幸せな犬生、よい仕事をした犬生、一目惚れした犬生、つらい環境を乗り越え、再び幸せをつかんだ犬生。その中で、出会い、愛情と絆、別れ、衰え、孤独、生死 と、犬も人間も 生きる上で こんなにも基本となる重要なポイントをストレートに感じさせる。
イーサンの犬として家族となったベイリーの犬生がメインとなることで、転生を繰り返しても、映画全体としての流れがまとまり、ストーリー上も 犬にとって一番一緒にいたいのはイーサンなのだと。だから、生まれ変わっても 実はベイリー。ベイリーはイーサンを守ることが自分の使命だと。彼らの絆は、数十年 時が経っても。
かしこい犬たちが本当にかわいい。
ラベル:映画 d
posted by JUNE at 20:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする