2017年11月23日

Gifted

Gifted.jpg2017  

Director:

Marc Webb

子役の演技と魅力に懸かっている。
子どもの涙と 感情移入しやすいシンプルなストーリーに、反則だとわかっていながらも 涙せずにはいられない。
そして、‘アメリカ映画らしく、素直に温かいエンディングで締めてくれるほどよいことはない’ と思うときもあるものだ。
主人公に そこそこ顔の知れている爽やか系男優をキャスティングするのもポイント。‘彼はアメコミヒーローものに出ていたっけ’ というくらいの印象だが、この映画でイメージアップしたのは間違いないだろう。
それと、最近は 彼女か脇を固めると違ってくる、オクタヴィア・スペンサー。
ラベル:映画 G
posted by JUNE at 18:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

Logan Lucky

Logan Lucky.jpg2017  

Director:

Steven Soderbergh

いとも簡単に 脱獄、強盗 と計画は進み、種明かしと、無理やりなのも含めて 全員のハッピーエンディング、テンポも割とよく、コメディータッチ、ハートウォーミングエピソードもなんとか加えて、爽快系。
小ぶりな作品ながら、それなりのまとまり感と、それなりの魅力的なキャスティングの 良作。一度観ればOK。
ラベル:映画 l
posted by JUNE at 19:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

Their Finest  「人生はシネマティック!」

Their Finest.jpg2016  

Director:

Lone Scherfig

ライフ イズ コメディー的な邦題の印象とは少し違い、戦争中、日々あちこちで空襲というシリアスな背景あり。
そんな中、初めからハッピーエンディングを感じられる、軽快で緩い雰囲気があった。にもかかわらず、エンディングで急降下。
働く女性が弱い立場にある時代に、自分の才能を発揮し、仲間にも恵まれ、魅力的な女性を描いた 主人公の脚本家としてのサクセスストーリーとしては 気持ちよく。
しかし、悲しさが残る。なにも そこで悲劇のスクリプトにしなくても..。
それでも、凛とタイプライターに向かう彼女を取り戻し。
ラベル:映画 T
posted by JUNE at 14:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

It  「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」

It.jpg2017  

Director:

Andy Muschietti

スティーブン・キングのIT、あれはテレビ映画だったのだろうか、2部作で、子ども主体の前編は、キラキラスマイルの亡きジョナサン・ブランディスの印象が。リメイクを今観ると どうだろう。
全く怖くはない。完全に子どもだましホラー。ただ、残酷な描写も少々あるので、その点は子ども向けとは言えない。小学校高学年ぐらいの子どもたちの青春キッズストーリー。
各々の一番恐れるものになって表れるクラウン。子どもたちそれぞれの悩みや生活環境が反映するストーリーにはメッセージ性あり。
子役それぞれにキャラクター性があるものの、やはり 俳優に対する魅力を感じられず、完全に子どもストーリーであることに、退屈する。
これだと、今観るなら、昔のITを観返すほうが、違う角度から観られてよいはずだ、私には。
というわけで、27年後の大人編の後編があるようだが、出演俳優しだいということになる。
余談、主人公の男の子は成長して「ヴィンセント」のときの光るものがなくなったが、主人公を演じられる子役なのだろう。
ラベル:映画 i
posted by JUNE at 14:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする