2018年01月18日

Mein Blind Date mit dem Leben  「5パーセントの奇跡~嘘から始まる素敵な人生~」

Mein Blind Date mit dem Leben.jpg2017  

Director:

Marc Rothemund

心温まる、勇気をもらえる、笑いあり、感動ありの よい映画。
❛奇跡❜ というくらいだから よい話だろうと察しはつくものの、アメリカ映画ではないところがよい。
知らない俳優ばかりなのに、登場人物にすぐに親しみを感じる。
絶望するような思わぬ事態に、主人公サリーは、95%失った視力を不幸だとは考えず、5%の視力あることを幸運だと考えた。
大切なサリーの家族には、彼の力になる特に姉、母。彼の意志に理解を示さない父。
ホテルで働く夢をかなえるために、なんと目が見えないことを隠して、
5つ星ホテルの研修生となる サリーの無謀な試み。そこには、前向きに
人一倍努力する彼の姿があった。
彼とは真逆の誠心を持つ同期のマックスに 人のよいサリーは手助けを。それはサリー自身に大きく返ってくることになる。
意欲と記憶力、研ぎ澄まされた感覚を持つサリー。意欲のない遊び人、しかしサリーの目となるマックス。彼らは親友となり、この微笑ましい でこぼこコンビを応援したくなる。
サリー自身がスリランカの血をひくこと、ホテルで働く従業員には移民もいて、申請手続きをサリーが手伝ったりと、人種に関わる難題にも触れている。
ホテルで出会う人たちも サリーに手を差しのべる。これには 世の中捨てたものじゃない、ほっと胸を撫で下ろし、温かい気持ちになる。サリーの努力する姿と 無償の優しい行動が招くものだと。
しかし、全てがうまくいくわけではない、どうしても不可能なことはあるのだ。無理がたたり、自暴自棄になり、目が覚めるサリー。
彼はもう隠し通すのを辞め、現実と向き合うわけだ。しかし、そこで諦めないのがサリーで、最後までチャレンジする、彼に不可能という文字はなかった。
ぶち当たる様々な困難を乗り越え、目標を達成するための並々ならぬ奮闘、親友や家族との関わり、恋人の理解を得るまでの奮闘、と これまでの流れに感情移入しながら集中したため、ホテルの修了試験から後は 少々駆け足の流れにも感じる。でも、とにかくよかった。
映画らしい奇跡の話のようで、奇跡ではない、人の心に訴える、素敵な作品だ。
続きを読む
ラベル:5 M
posted by JUNE at 13:57| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする