2018年01月19日

Paddington 2

Paddington2.jpg2017  

Director:

Paul King

完全に子ども向けストーリーだが、パディントンの愛らしさと 家族を取り巻くユニークなやりとり、幸せあふれるストーリーと映像に、大人の心もつかむ。続編映画ができるくらいだから。
人間以上に礼儀正しい ❛クマ❜ を通じた誠実さ、家族の温かさ。
家族だけでなく、近所の人たち、刑務所内でも 人の心を動かし、たくさんの友達をつくるパディントン。周囲をハッピーにするパディントン。
パディントンは お世話になったルーシーおばさんのために、家族は そんな家族の一員パディントンのために。
悪者が登場してこそストーリー展開があり、しかし極悪人ではないし、誰も死なない。子どもが観られる映画だから。
悪者役は、ニコール・キッドマンから 今回ヒュー・グラントへ。ヒュー・グラントも 彼らしく はじけたが、若干空回りな印象も。でも、絵本のような映画だから OK。彼が演じるブキャナンの家に、若かりしヒュー・グラントの写真が飾ってあるのは少々必見。
パディントンは子グマの設定ではないかと思うが、声は割と大人びている。と思ったら、ベン・ウィショーだ。
余談、クマ比較。TEDは見た目がクマのぬいぐるみだが、パディントンは動物的。服を着たクマで、心や行動は人間的。純粋な心の。私個人的には、マーマレードは苦手で、プーさんのようにハチミツのほうが好きだ。
しかし、自然なCGアニメーションと実写の融合、何でもできる時代だ。
これから立て続けに、サリー・ホーキンス主演の映画が公開となる。
ラベル:映画 p
posted by JUNE at 21:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする