2018年01月30日

Detroit

Detroit.jpg2017  Director:

Kathryn Bigelow

鬼気迫る、この監督の映画は実に。
その場に凍りつくような緊張感と臨場感。この状況から早く逃れたい、しかし、逃れられない、一瞬たりとも目が離せない。
不快な内容だが、心を持っていかれる。
主要人物数人それぞれの事件前と後での変化と動きも描かれ。
心が乱される。
実際の映像を織り交ぜることで状況説明を加え。現実の重みが のしかかる思い。
主人公を限定せず、多くは語らず、ざくざくっとシーンを切り換え、一時に集中し、ある人物に注目して追い、我に返って周囲を見回し、一点を見つめ、というような印象の手法。
実際は未解明事件とのことで、観せ方に偏りもあり、日本人の感覚では理解できない、賛否両論あるかもしれない。
人種差別というデリケートなテーマを様々な切り口や方法で表現する映画。それは、スタッフやキャストの挑戦も計り知れず、考えさせられ、娯楽としての観方とは違い、また素晴らしい。

オーディエンスの誰もが最も忌々しく不快に感じるであろう登場人物、ウィル・ポーターの印象は「リトル・ランボーズ(Son of Rambow)」でも いじめっ子の子役だったなと。悪役に抜擢されやすい顔立ちなのか何なのか。「それでも夜は明ける(12 Years a Slave)」のマイケル・ファスベンダーにしても思うが、アメリカ人ではないから、この役ができるのだろうか。


ラベル:映画 d
posted by JUNE at 18:46| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする