2018年02月24日

Una Mujer Fantástica  「ナチュラル ウーマン」

Una Mujer Fantástica.jpg2017  

Director:

Sebastián Lelio

LGBTをテーマとした映画も最近は多い中、極端にドラマティックにつくられてはいない、シンプルで自然な、また初めての印象の作品。
主人公マリーナ視点であることを強く感じる。
シンプルなつくりの中に、ささやかな、しかし重要なメッセージが込められている。かなりの前傾姿勢で強風に立ち向かう。鏡に映った自分。ロッカーの中、この展開は他の映画では予想できないタイプのものだ。
そして何よりも、彼女の目力。
マリーナは、愛する人を失い、周囲からの差別や偏見を受け、それでも そのつらい気持ちを表に出さず、弱音を吐くこともない。自分の権利を主張、行動に移す、彼女の強さが目に表れている。
しかし、彼女は 心の中で自問自答している、叫んでいる、心の拠り所を求めている、それが伝わってくる。
マリーナは、彼とのつながりを探している。しかし何も残っていない。そして、導かれる。
彼女は新たに前を向いて、ステージに立つ。
チリの映画。
ラベル:映画 U
posted by JUNE at 14:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Beguiled  「ビガイルド 欲望のめざめ」

The Beguiled.jpg2017  

Director:

Sofia Coppola

美しい森と お屋敷が印象的。それを背景に、衣装のこだわり、少し悪い予感のする若草物語のような若い女性たち。
母と娘たちではなく、少人数の寄宿学校、先生と生徒でした。
キルスティン・ダンストは 未だにソフィア・コッポラのミューズのようで、しかし、もはや生徒の年齢ではなく、若手の教師役に。
エル・ファニングは 幼い顔立ちだが、1人だけ やけに背が高い生徒。それでも、彼女は次世代のミューズだから。
そこに、美しさと年齢的にも雰囲気的にもマッチする、ニコール・キッドマンがボス(園長)と。
でもって、ストーリー上、厄介ごとを引き起こしがちなのは この3人で、他は ただかわいげな女の子たち。わかりやすい意図的なキャスティング。まぁこれだから魅力的でもある。
さらに、唯一の男性、負傷した敵軍の兵士役にコリン・ファレルというのは、どう考えても 心優しい王子様ではないことは明らか。
外部との関わりなく、キリスト教の教えに沿い、家族のように生活している彼女たち。そこに1人の得体の知れない男が現れ、共同生活をするうちに、彼を気になってしかたない、意識し始める、わかりやすい女性陣。
コリン・ファレル扮するジャックは やはりプレイボーイだけれども、極悪人ではない可能性が。彼も 助けてもらったとはいえ、女の子たちに手を出したとはいえ、この とんでもない事態に、気の毒な。
なんとも、屋敷(学園)の前に女性たち全員が並んで正面を向いている 美しい1シーンに移る過程には、ぞくっとするものが。
そんな雰囲気や、美しさの裏側の愛憎劇と、魅惑の映画でありながら、例えば「ミザリー」のような猟奇的なものではなく、女の争いも かわいいもので、宗教色はあるがカルト的ではなく、スリラーとも違う、そこは やはりソフィア・コッポラフィルム。繊細で、ソフトで、美しい。そして、あ..そこで終わる... これぞソフィア・コッポラフィルム。
ラベル:映画 b
posted by JUNE at 00:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする