2018年03月03日

Maudie  「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」

Maudie.jpg2016  

Director:

Aisling Walsh

なんだかんだいっても、彼女には彼が必要で、彼には彼女が必要なのだ。

モードの言葉には、彼女の純粋な心が込められている。
モードの持ち物には、彼女の運命が宿っている。
モードの絵には、彼女の愛があふれている。

人と少し違っても、慎ましく自由に生きる、チャーミングなモード。
無口で不器用なエヴェレット。
孤独だった2人が お互いの支えとなり、共に歩み、夫婦として強い絆で結ばれる。

モードが描いた絵でいっぱいの、彼女でいっぱいの 2人の小さな小さな家に、エヴェレットが1人で戻ったときの 空虚。彼女が彼の家に初めに来た頃とは がらりと変わった 温かく鮮やかな色とは 裏腹に。
しかし、小さな幸せの積み重ねが 2人にとって かけがえのない幸せとなったことを認識する。

サリー・ホーキンスには 何かが降りてきたようなオーラを感じ、イーサン・ホークの演技も 久々に素晴らしく観える。

小さくて大きい、美しい愛の話。
ラベル:映画 M
posted by JUNE at 23:30| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする