2018年07月15日

Le Redoutable  「グッバイ・ゴダール」

Le Redoutable.jpg2017  Director: Michel Hazanavicius

アンヌ・ヴィアゼムスキーが 当時のゴダールのミューズであるストーリー背景とともに、アンヌ視点で語られる、ステイシー・マーティン、彼女はこの映画のミューズとも観られ、飄々と チャーミングで、60年代ファッショナブルな魅力全開。華奢な彼女のヌードは いやらしさがないのだが、アート映画をよいことに 敢えて出している感はある。
パリのアパルトマン、ファッション、ストリート、斬新に切り取られていく。アンヌにとっての 変わりゆく革命の時代と映画界、そしてゴダール。とりとめもなく、よい方向へ向かうわけでもなく、しかし、おしゃれで ユーモラス、なんだか このノリの虜になる。
横にスライドするカメラワークや 劇中のサイレント映画、ゴダールの「女と男のいる舗道」の影響がみられる。
ラベル:映画 l
posted by JUNE at 17:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Brigsby Bear

Brigsby Bear.jpg2017  Director: Dave McCary

劇中作成フィルムのように、緩いインディペンデントなハートウォーミングコメディー。
奇妙な状況に、従順な主人公。ジェイムズは閉ざされた25年間をブリグズビーベアとともに生きてきた。ブリグズビーベアが “古い” 父親の手作りだと知ったとき、目を輝かせるのもズレている..。彼が現実世界で生きていく心の支えとなるきっかけは。映画づくりと仲間たち。まさかの賛同する仲間が現れ、ひょんなことから注目されることに。警察官の協力や、複雑な状況の家族もそろって手を取り と、よい方向へ。
しかし、現実的に考えると笑えない話。似たような事件はあるわけで、精神的に深刻なこと。簡単に笑顔で解決するような話ではないはずだ。が、難いこと言わず。
B級SF~風な出だしだが、実は全くSFではない~とばかりに登場するマーク・ハミルは、最近のスター・ウォーズ再演がなければ、注目されることはない。現代のルーク・スカイウォーカーのようになりきる警察官グレッグ・キニアの役を 敢えてマーク・ハミルがやらないのは かえってよいかもしれない。ただ、そんなに真面目に考える必要すらない。
映画で見るのは久々のクレア・デインズは、「ホームランド」の印象のまま好演。
頭に入れたカセットテープでしゃべる着ぐるみのブリグズビーベアに、手作りの小道具、太陽のような天からの悪者、テーマミュージック と、古くさい この手作り感、そして現代社会を素直に生きる登場人物、この緩さに 心をつかまれる人も多いだろう。
ラベル:映画 b
posted by JUNE at 14:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

Jurassic World: Fallen Kingdom  「ジュラシック・ワールド/炎の王国」

Jurassic World Fallen Kingdom.jpg
2018  Director: J.A. Bayona

ジェフ・ゴールドブラムが オープニングとエンディングの2シーンにだけ敢えて現れる、ジュラシック大御所ぶり。
子どもが主人公なのか 大人が主人公なのかわからない前作よりは 新たに方向性を示した感がある。大人主役とキー子役、取り巻き、悪役と、きちんと まとめ。
初めに見せるは首の長い草食系恐竜~1作目でもそうだった..~、身方の位置づけの恐竜ブルーと、狂暴な新種、その他 空系・海系含め ちらっとずつでも多種恐竜を見せ、ストーリーに収めつつ、これまでよりバージョンアップを。「ジュラシック・パーク」の起源を匂わせる出だし、恐竜たちを守る会の主役たちと、欲深い人間、人工的になっていく限られた恐竜界のその後、そして まだまだ続きますよと。
そんな割と優等生な修正をかけてきた、有名なジュラシックシリーズ新作といったところ。
恐竜を調教した人、クリス・プラットにはふっと笑えるが、善人役俳優のようだし、よいだろう..。
続きを読む
ラベル:映画 J
posted by JUNE at 18:01| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

Battle of the Sexes

battle-of-the-sexes.jpg2017  Directors: Jonathan DaytonValerie Faris

もはや主役として違和感を感じることのないエマ・ストーンに、コミカルな演技からシリアスな演技まで 名優スティーヴ・カレル。伝記もので、スポーツもので、社会的意味合いも と。
しかし、意外と たんたんとしていて感動に欠けるのはなぜか。テーマ1つ1つの詰めの甘さでは?テーマが ぶれる。退屈はしないし、言いたいことはわかるのだが。
40数年前の話ということで、ヘアスタイル、ファッションなど雰囲気は出ているものの、エマ・ストーンは印象が若過ぎるような。
スティーヴ・カレルの役が 実在のボビー・リッグスに見た目がよく似ていることが エンディングの写真でわかる。
久々に見るエリザベス・シュー、歳をとったが、きれいだと。
テニスプレイシーン、ストロークの速度が遅くて プロに見えない..。
ラベル:映画 b
posted by JUNE at 12:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

Eva

Eva.jpg2018  Director: Benoît Jacquot

魅惑的な雰囲気漂うが、全ての人間関係の重要な結果を省くような曖昧な展開。リメイクらしいので しかたないのだろうか。
ELLEの次はEVAなイザベル・ユペールの存在感はいつでも大きいが、いつもの彼女とたいして変わらない印象。
ベルトランは なぜエヴァにそれほど惹かれたのか。ギャスパー・ウリエルも魅力はあるが、ベルトランについて特別なことは感じられず、いまいちわかりにくい。
エンディングの雰囲気はわるくないが、全てに対して腑に落ちないため、なんとも..。
ラベル:映画 E
posted by JUNE at 12:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする