2018年08月25日

Mamma Mia! Here We Go Again

Mamma Mia! Here We Go Again.jpg2018  Director: Ol Parker

ハッピーオーラ満載で、観て損は なし。突っ込みどころも お愛嬌。
冒頭から歌い出したので面食らった。楽しい感情を歌で表現するのはわかるとして、つらいシーンで突然歌い出すのは不自然だが.. ミュージカルタッチの映画というわけだ。
舞台の島の きらきら輝く美しさ。
メインキャストは多いながらも、現在と過去を行ったり来たりする流れでも、登場人物の位置づけとストーリーラインがはっきりしていて わかりやすい。
1作目では、どうして3人の男性中の1人を選ぶような結末にできるものかと その印象だけが残っているが、今回なんとか背景と出会いが判明。ドナの若い頃のストーリーがメインの印象で、同時進行で 娘ソフィ中心の現在のストーリーが進む。
設定上メリル・ストリープは出方が限られる。主人公は、時代設定の違う2人の女性といったところ。娘ソフィ役のアマンダ・セイフライドと、一番出番が多い、若きドナ役のリリー・ジェイムズ。2人とも ハイトーンの よい声をしている。
言うまでもなく、メリル・ストリープとリリー・ジェイムズが似ても似つかない。ヘアスタイルだけ。自由奔放で元気いっぱいなドナの特徴を共通に演出していることはわかる。
3人の若かりしボーイフレンドたちも 苦しい..。言いたいことはわかる。前作の復習をしていないもので、役名を聞いても初めは誰のことかわからず、この青年はどっちだろうと。ステラン・スカルスガルドには 若い彼が無理やり ちょっと似ているかなと。
ピアース・ブロスナンともさっぱり似てないが、「戦火の馬」の彼は魅力的な青年になったものだ。それでも庶民っぽさがあるから、苦し紛れ配役に見える他の2人と比べ、役柄的に目立つものの、大き過ぎる差はなくて よい。
今と昔が似ているのはドナの親友2人で、身長差感や雰囲気、うまくやっている。全く同じヘアスタイルなのか?!っていう。
今と昔は、‘昔ボートで助けた男’ まで。
とにかくハッピーな映画なので、似ている似ていないは、まぁいいのだ。
エンディングでは全員集結で、ハッピーミュージカルを貫く。
ABBA時代スタイル衣装の中年男性陣には苦笑。それでも楽しそうだ。踊ること自体珍しいが、コリン・ファーストの はじけっぷりをちらっと観られる。
人相が変わった、シェールの顔がこわい。しわ1本もないなんて、不自然だ。歌いにくそうにも見える。
アンディー・ガルシアは 歳とって太ったが、歳をとったのはみんなそう、ただ、背の高い男性3人の役柄メイン度がはっきりした設定のため、蚊帳の外となり、無理やりな くっつけ具合で出番を。
それにしても、お父さんがこの3人だなんて素敵。
ラベル:映画 M
posted by JUNE at 20:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする