2018年09月14日

Breathe  「ブレス しあわせの呼吸」

Breathe.jpg2017  Director: Andy Serkis

主人公ロビンは アンハッピーで、しかし この上なくハッピーで、とても大きな人生を生きた。不思議と 彼の周りには人が集まり、笑顔があふれる。彼の人生を変えたのは、紛れもなく妻ダイアナの存在。運命的な出会いを感じとれる。そして、ジョナサンが母を抱きしめる。
美しい映画で、しかし 事実に基づき、当事者・家族の苦労や精神面の強さは計り知れない。現代ではなく、症例と 障害を持つ人が生活する方法がない中、絶望的な状況から生きる意志を持つこと、世の中に向けて公表し、同じ患者を助け、希望と勇気を与えること、何より妻・友人・家族の心からの助け・行動。この素晴らしい彼と家族の人生は、映画化されるべきもの。
もちろん、ストーリー展開につらい面はある、しかし、彼の半生を知ることができて、感じることができて、温かい感動に包まれる以外にはない。
繊細で、優しくも強い目力が語る、アンドリュー・ガーフィールドとクレア・フォイ、とてもよかった。
ラベル:映画 b
posted by JUNE at 20:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする