2018年09月30日

Foxtrot  「運命は踊る」

Foxtrot.jpg2017  Director: Samuel Maoz

1部は、冒頭からの 重い空気、静かな悲しみと いたたまれなさ。
2部の 戦地の一部でありながら ユーモアを交えた緩さと、突き付けられるものとの対比。
3部の 意味深さ、まとめ。時間の交錯による違和感は、言葉も出ないような結末へと結びつく。
戦争と痛みと悲しみ。対照的なダンス。場違いながらも検問で魅せる青年のダンスステップ、施設で限られたコミュニティーでの幸せな高齢者たちのペアダンス、夫婦が共に前を向いたときの運命を悟るステップ。
運命は そのステップのように、皮肉にも 同じ所へ戻る。その過程で、家族の心のつながりを観る。
映画に込めるメッセージを表現するための構成・バランスが さりげなく独特で 新しく、素晴らしい。穏やかに、心から離れない。
ラベル:映画 f
posted by JUNE at 17:35| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする