2018年10月13日

Under the Silver Lake

Under the Silver Lake.jpg2018  Director: David Robert Mitchell

よくわからない。
初めは 隣家に現れた魅力的な彼女の失踪を探る話なのだろうと、しかし、早々と 向かう方向がわからなくなり、長い。長いのかどうかもわからないような流れ。現実か幻想か、どうでもよくなってくる。
が、細部から 暗に意図しているこだわりを読み解き、はまる人には はまる映画だろうと思われる。
デヴィッド・リンチ風だとは 私は全く思わない。「インヒアレント・ヴァイス」のような感じで、主人公が大人か若者か、それに伴う、アンダーグラウンドの汚なさの違い。そもそも「イット・フォローズ」の人気も 私にはわからない。
夢のハリウッドのすぐそばに住んだものの、理想とは違う現実、彼のオタク精神で、気になる道をたどってみる、行き着いたのは..ということ? どう行き着いたのか、はっきりはせず、これまで観てきたものも無意味に思える。
それは観方によるもので、この普通ではない感覚のおもしろさに気づかなければ、きっと この映画を語ることはできないだろう。
主人公がアンドリュー・ガーフィールドだから どう演じるかを期待して観られるものの..。
クレジットの3番目くらいに出てくる、トファー・グレイスなんて出てたっけ?と。
ラベル:映画 U
posted by JUNE at 23:30| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Blue My Mind

Blue My Mind.jpg2017  Director: Lisa Brühlmann

最後の海の中の彼女のシーンは 美しい。
何の解決もなし、真相不明、それでも ヨーロッパ映画の独特な雰囲気からして 納得。
成長とともに 魚になりつつある。魚ではなく、人魚であることが 美しさ。ティーンエイジャーの悩みのように 誰にも打ち明けられず、不良の道へ。体の変化は急速で、向かうところは ひとつ。
ただの悪友ではなく、彼女が手を差し伸べたのが救いだ。友人の彼女はきれいな子だし、主人公も若く魅力的。
人魚、なぜか孤独と寂しさをともなう。それは 共通して、不本意ながら自身を受け入れていること。
ホラーでもない、斬新な青春もの、ダークファンタジー。スイス映画。
ラベル:映画 b
posted by JUNE at 15:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sparring  「負け犬の美学」

Sparring.jpg2017  Director: Samuel Jouy

スポーツ系、しかもボクサーの話にしては キレも ヒートアップ感もなく、緩い流れだが、こういうボクシング映画もあってよい。家族を描く、優しいフランス映画。父と娘とのやりとりがテーマで、娘は純粋なよい子のため 険悪な反発はなし、天使の笑顔。ボクサーとして歳をとり過ぎた父は、身を酷使しながらも プライドと家計のため、娘のために。ボクサーの話といっても、タイトルでもある ‘スパーリング’、ここがポイント。
「アメリ」の頃は若かった、最近だとミヒャエル・ハネケ「ハッピーエンド」でもパパ役の マチュー・カソヴィッツは ボクサーにしては よい人そう過ぎる。それがまた よい。
ラベル:映画 s
posted by JUNE at 12:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする