2018年10月14日

I Kill Giants  「バーバラと心の巨人」

I Kill Giants.jpg2017  Director: Anders Walter

ファンタジーとヒューマンドラマ。心の中の何かと闘っているのには理由があるはずで、やはり「怪物はささやく - A Monster Calls -」と内容がよく似ている。ビジュアルも似ていて、「怪物はささやく」のほうがダークな雰囲気あり、ファンタジーの中に それこそ少年の心のストーリーを感じ、泣ける。
それに比べて こちらはアメリカ映画的。主人公の女の子は演技もうまくて かわいいけれど、内容的には 主人公が10歳以下でないと、空想が過ぎる。なので、向かうところ 間延びする。現実的に、この子は心配で、手がつけられない。
ファンタジーが意味している展開、結末まで「怪物はささやく」に似ているが、感動の度合が大きく違う。
ラベル:映画 i
posted by JUNE at 17:43| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする