2018年11月03日

L'Homme Fidèle  「ある誠実な男」

L'Homme Fidèle.jpg2018  Director: Louis Garrel

なんだ このぬるい話は..と、観てしまう系。わかりやすく、半おしゃれなフレンチ半コメディ。
限られた登場人物と テンポのよさ、小粋なパリ。
心の声を語り、ドキュメンタリー風に音が止まり、ハンディーカメラ的になり、シーンが切り替わる、どこかで観たことはあるような おしゃれ作風。これが このたわいもない恋愛ドラマに割と合う。
近いところで関係し合う、男女3人プラス少年1人。
主人公は その ‘男’ アベル、彼を誠実な男というのか..。言いなりの男。憎めない ルイ・ガレル。
ときどき女性2人それぞれの視点となり 語られる。実は魔性のマリアンヌと、若きエヴ。完全にフランス語出演のリリー=ローズ・デップ。
マリアンヌの息子ジョセフ。母を独占したい純粋な子ども心なのか、サスペンスに影響され おもしろがっているのか、父に対して複雑な気持ちがあるのか、真意が一番わかりにくい人物。周囲は密かに 幼い彼に振り回される。
それぞれに美しい彼ら、少年含め。
結末は、で?各々が悟ったと。丸く収まったようで、めでたし (?)  曇り空にフェイドアウト。
コンパクトな愛すべき ルイ・ガレル フィルム。
ラベル:映画 l f
posted by JUNE at 23:58| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Venom

Venom.jpg2018  Director: Ruben Fleischer

トム・ハーディが MARVELに??「マッドマックス」も 映画の評判はよいものの、彼のタイプの映画ではない気がした。いろいろやる と。トム・ハーディ色は、アメコミだとマッチするものなのかわからないが 若者ではない ~考えてみれば、スパイダーマン以外、映画版で若者ヒーローは思いつかないが..~ 魅力と、笑わない、アウトロー感。しかし、彼にしては かなりコミカルなほうだ。いざというとき、戦うには 戦えそうな体格の彼ではある。記者役が似合わないが、エディという役名は似合う。
主人公に合わせて ヒロインもアラフォー世代のミシェル・ウィリアムズ。彼女も近年いろいろ出ている。ミニスカートも彼女ならギリギリok。
コメディーか?ところどころ。ヴェノムの顔からして 子ども騙しだが、それは 全体で悪を表現したタールのような。忘れかける、アメコミなのだ。内容は パンデミックとゾンビを合わせたようなもの、現代的な背景で。アメコミキャラクターものとして、発想は新しいのかも。
CG満載。カー・バイクアクションもあり。決戦は CGキャラクターどうしとなる、アメコミだから。
悪の塊のようなヴェノムと そこそこうまく共存して、逆に悪者退治をしそうな主人公にして、つ・づ・く。ウディ・ハレルソンか、それは いかにも で、おもしろくないな。
物珍しく、オチがあり、長過ぎて飽きることもなく、文句なし。アメコミ映画は、特に興味がない人からすればキャスティングしだい
ラベル:映画 V
posted by JUNE at 15:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする