2019年01月19日

Glass  「ミスター・ガラス」

Glass.jpg2019  Director: M. Night Shyamalan

「スプリット」と「アンブレイカブル」を合わせた続編だということはわかった。「アンブレイカブル」を観ていないが、問題なし。どうやら、研究者側の結末には「アンブレイカブル」の内容が関係しているようだが、どうでもよくなる。
オチには拍子抜け。頭脳サスペンスの結末ならokだが、このキャラクター展開にして..。
オチの前のキャラクターたちの結末は、彼ら あんなに強かったのに? なんと ひねりのない..そんなジャンルの映画?
M・ナイト・シャマランの世界をわかっていないだけかもしれない..。
ただ、ジェイムズ・マカヴォイの七~以上~変化を観るということ。それだけがインパクトあり。「スプリット」では 予告編で見せ過ぎのため驚かなかったが、今回 主演人物が増えても 改めて彼の七変化ぶりはすごかった。
ラベル:映画 G
posted by JUNE at 19:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Rebel in the Rye  「ひとりぼっちのサリンジャー」

Rebel in the Rye.jpg2017  Director: Danny Strong

J・D・サリンジャーは、「ライ麦畑でつかまえて」が大ベストセラーとなり 名声を得たが、晩年 作品を発表せず、表舞台から姿を消した。その訳を 彼の青年期を通して描く。
ジェリーの半生は、作家として成功するまでと成功した後 それぞれで紆余曲折する。
ジェリーに影響を与えた編集者との出会い、ベストセラー作家になるまでの出版の困難、名作誕生の背景、戦争体験による精神の変化、作家としての彼の中にある考え。そして、両親に対する想いを さらっと。彼が関わった女性についてを さらさらっと。
ジェリーの才能を引き出した、教授であり編集者のウィット・バーネットの言葉が ジェリーの作家としての精神を形成し、後の彼の生き方にも表れている。
ケヴィン・スペイシーはクセのある役が多いので その印象だが、ここではそういうわけではない、ジェリーの作品を出版できなくなったことは ウィットの怠慢ではなさそうに観える。善人そうな俳優がウィットを演じたなら、激怒したジェリーに違和感を抱くだろう。と 考えてしまうのは、ウィットと絶交したジェリーの描き方が足りないのかもしれず、後に、交わす言葉少なくも 彼らしく文章が大きな意味を持つ2人の和解につながる、重要な流れだから。
ニコラス・ホルトの真面目な主役に見映えはするし、サリンジャーの内面を中心にまとめてあり、無駄なく理解しやすいが、表面的な印象の映画ではある。
ラベル:映画 R
posted by JUNE at 15:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする