2019年03月16日

Roma

Roma.jpg2018  Director: Alfonso Cuarón

確かに 商業的なハリウッド映画とは一線を画す。CGを使った映画とは違う、実写の美しさとリアルさを実感する。小規模作品とはいえ、引きの大画面映像で、そこに映し出される風景は 大きいスクリーンでその世界観を。
この自然の風景をカラーで観てもきれいだろうと、しかし 監督の幼い頃の記憶の一部であることを考えると、くすんだセピアがかったモノクロ映像が雰囲気を出している。
1970年代初頭、メキシコシティのローマ地区、中流家庭の家政婦として働くクレオの視点で 日常が描かれる。仕事の毎日に、雇い主の妻や子どもたちとのやりとり、離れで同居する同僚とのやりとり、プライベートの時間。クレオに、一家に 降りかかるつらい出来事。
子どもたちはクレオのことが大好き、一家の妻は家庭内トラブルのイラつきをクレオにぶつけることも、一家の祖母はクレオに手を貸すものの 彼女の家族のことも年齢すら知らない、そんな雇い主と家政婦という関係、目の前にある貧富の差。
海岸で人が重なり合っている この映画のポスター写真が意味することは大きかった。命がけで一家の子どもたちを守ること、クレオが言った本音、一家にとってのクレオの存在。複雑な環境の中、何かが変わった、絆が生まれた瞬間であった。
この映画は 登場人物が出てこないオープニングからエンディングの映像まで その自然な斬新さのアートが美しい。オープニングは タイル地に水が流れるだけの長いシーン、これはクレオの日常的な労働の一部であることがすぐにわかる。エンディングは 空を見上げる構図、建物の間に飛行機が飛んでいるのが見える、遠くで聞こえる子どもたちの声、クレオはきっと前を向き 新しい空を見上げただろう、穏やかな日常を取り戻したことを感じられる。
単調な日常を観ているようで、全く退屈しないのはなぜか。海外主要映画祭やアカデミー賞にまつわるネットフリックス議論と 変な話題に上ったこの映画だが、力強く、美しい映画であることは間違いなく、スクリーンで観るべきものだ。
ラベル:映画 R
posted by JUNE at 22:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする