2019年07月23日

Capharnaüm  「存在のない子供たち」

Capharnaum.jpg2018  Director: Nadine Labaki

恵まれた先進国で生きているなら観たほうがよい映画だ。
映画に込められた、社会に、世界に訴えかけるメッセージ。映像や状況にリアリティーがあるが、映画らしいドラマティックさもある。推定12歳の子どもがとれる行動だろうか。この悪状況で生き抜くことができるだろうか。法廷シーンとの時間交錯により経緯が観えてくる手法も やり過ぎない程度で、映画をたんたんと進行させないつくりとなっている。
行動は賢いが、体は小さく もう少し幼く見える主人公ゼイン、この子の演技は見事で、黒人の赤ちゃんまですごい。主人公をはじめ出演者のほとんどが役柄のような境遇にある素人だというから、中東のスラムを描く内容にして そんな映画づくりができるなんて。
ゼインは口では悪態をついているものの、彼の眼差しが語っている、自分が何とかしなければいけないという思い、途方にくれるとき、大人に対する怒り。彼が必死に守ろうとするのは、自分のきょうだいにとどまらない。しかし、幼い子どもの力には限界が。
戸籍のない子ども、子どもを産むことに責任を持たない親。
彼の存在が認められようとしている、カメラに向けられたゼインの笑顔が心に響く。
レバノンの映画。
ラベル:映画 C
posted by JUNE at 23:40| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

Les gardiennes  「田園の守り人たち」

Les gardiennes.jpg2017  Director: Xavier Beauvois

田園風景をはじめ映像が絵画のように美しい。
戦争と家族、使用人。戦争へ行った夫や息子を待ちながら、家庭を、農場を守る女性たちの 苦労の日常と人間関係の変化。
しかし、ストーリー展開は このまとめ方でよいのか..。映画なら普通は和解する。ナタリー・バイ演じる母オルタンスか守ろうとした家族。そもそも そんな方法をとることが得策か?息子も息子で、ジョルジュは誤解したまま、フランシーヌを想う気持ちがあるのなら一度は話し合うべきだ、母の言うことが全てだなんて。そういう時代だと解釈するべきか。
フランシーヌは強かった。その後の彼女の姿にも新鋭的な女性像が
ラベル:映画 G
posted by JUNE at 18:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

Accidental Love  「世界にひとつのロマンティック」

Accidental Love.jpg2015  Director: David O. Russell (as Stephen Greene)

おバカコメディーで ブラックコメディー要素も。くだらないのだけど、(2つ前の)「Little Italy 」に比べると 断然おもしろいのは、笑いのツボの好みによるもの。こちらは 主人公自身がコメディアンのタイプ。取り巻きも真面目な顔してヘンなのは お決まりか。
ジェイク・ギレンホールがコメディーにも向くと気づいたのは今回が初めてではなく、しかし いろんなタイプの役をこなせるものだ。ジェシカ・ビールは他の映画であまり観たことないが、ラブコメの印象。ジェイムズ・マースデンも 邪魔者役でありながら憎めない、かっこつけてもどこか抜けた役どころがうまい。
デヴィッド・O・ラッセル監督が制作途中で降板したものの、製作陣が無理やり完成させ公開したとの いわく付き(?)作品。2015年製作とあるが、もうちょっと古そうな印象。撮影開始時のタイトルは “Nailed” だったらしく、これがベストタイトルでは?邦題は明らかにDVD用タイトルといったところだ。
ラベル:映画 a
posted by JUNE at 12:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

Welcome to Marwen  「マーウェン」

Welcome to Marwen.jpg2018  Director: Robert Zemeckis

俳優とフィギュアの融合を見事な映像で、主人公マークの心を反映するストーリーに自然に乗せて。フィギュアの世界は 緻密で、マークの願望どおりに ストーリーあり、ユーモアあり。しかし、現実の重い背景が付きまとい、苦しい。フィギュアのモデルとなる 彼を近くで支える女性たち。マークは自分自身と闘っている。しだいに彼が閉ざした心を開き、現実と向き合う姿が。
ダイアン・クルーガーには見えなかった..。マークが心の中の闇を振り払うきっかけになる重要なキャラクターではあるが、フィギュアのストーリーとはいえ、彼女はドイツ人だから ナチスのスパイだなんて嫌ではないのだろうか。
後半にフィギュアの世界の中で観られるロバート・ゼメキスの遊び心には、誰もが得した気分になるはずだ。
ラベル:映画 w
posted by JUNE at 21:46| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Little Italy  「ハッピーシェフ! 恋するライバル」

Little Italy.jpg2018  Director: Donald Petrie

ダサい邦題をつけたものだが、ラブコメだからよいのか。
2人とも全くイタリアルーツの印象がないのだけど。久々のヘイデン・クリステンセンはバンクーバー出身らしいから、惜しい..のか..トロントは逆側だ。
エマ・ロバーツとヘイデン・クリステンセンが~イタリアといえば~ピザレストランの子どもで、シェフになり..、ピザコンペで対決と、なんとも無理やりな設定で、意識し合う幼馴染、空港へ追いかけて..と、流れも結末も目に見えている、これぞラブコメ。
それはよいとして、なぜか このドタバタコメディーの笑いのツボに あまりにもはまらず..。
~元アイドル~アリッサ・ミラノの役どころはよくわかった..が、もしや ‘ミラノ’ で リトルイタリー家族にキャスティングされたのではないだろうな。
2家族のたいしたことない大騒ぎに 空港窓口業務は一時ストップという、平和な国だ。
トロントのリトルイタリーの雰囲気は伝わった。しかし、肝心の主演あたりと 彼らのバックグラウンドに どうしても違和感が。それでも~勝手に家族中が~ハッピーなラブコメで よいとしよう。
ラベル:映画 l
posted by JUNE at 12:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする