2019年08月31日

The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society  「ガーンジー島の読書会の秘密」

The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society.jpg2018  Director: Mike Newell

1冊の本がつないだ縁、読書会から生まれた 仲間との関わり、謎解きしながら 愛と絆を見つける、観心地のよい映画。
主人公ジュリエットが巡りあった島の読書会メンバーの事情は、戦下のつらい状況の中に語られず、突き止めるうちに、彼らと一緒に過ごすうちに、ジュリエットの気持ちにも変化が。彼女は自分の心に正直に行動を起こす女性。また、この時代に新進的な作家。
ミステリーといっても、謎は 聞けば当人たちが次々に語ることにより判明していく。それはジュリエットの人柄、信頼関係からであると捉えよう。
美しくも、戦争により大切な人を失った悲しみや 過去を悔やむ気持ちを抱えている彼らが生活する島、つらい戦争中のエピソードが背景にあるとはいえ、ハートウォーミングで、ハッピーエンディングなロマンスストーリーでもあり、優しい流れの中で 爽快な映画。
リリー・ジェイムズが 凛として誠実でチャーミングな 彼女に似合う役柄を。ジェシカ・ブラウン・フィンドレイはキーパーソンで存在感がある。マシュー・グードが陰ながら安心感のある役を。婚約者はもともと悪い人ではないのだから、2人の考え方が合わなかっただけ、彼も気の毒なわけで、感じわるく終わらせなくてよかった。おじいちゃんの孫役の男の子は、エルトン・ジョンの少年期役の子だ。ポテトパイのために来たの?!と。
エンドロールまで、目に浮かぶような微笑ましさ。
ラベル:映画 G
posted by JUNE at 21:30| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Once Upon a Time... in Hollywood

Once Upon a Time... in Hollywood.jpg2019  Director: Quentin Tarantino

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの共演で話題になったが、クエンティン・タランティーノフィルムだということを忘れてはならない。
古き良きハリウッドスタイルをこだわって盛り込み、皮肉を込めたシリアスストーリーなのかと思ったら、コメディーか..?
無駄に長いと思えるシーンは、タランティーノフィルムに定番、今回は控えめなほうだ。そして、定番の 無駄に多くを殺すシーンは、ここでキタな、スプラッターで。実際の事件の再現を予感させておいて、裏をかいたか.. で??
長編。いったい何を描きたかったのか。タイトルのとおりだ。
古い映画をそのまま使って 敢えて合成のシーンや 宣伝映像のシーンは、観て楽しい。最後の最後までアイデアは詰まっている。
映画自体は何とも言えないが、レオナルド・ディカプリオの出方としては、なかなかおもしろくて わるくないかと。俳優でありながら この役柄、楽しんで演じるくらいが余裕を感じる。
ブラッド・ピットはディカプリオより10は歳上だろうに やはりかっこよい。
脚の長いヒッピーの女の子は、アンディ・マクダウェルの娘と聞いて、斜めから見るとよく似ていて納得。
アル・パチーノも出ている。エンドクレジットに、ティム・ロスの名が(CUT)で。
ラベル:映画 O
posted by JUNE at 13:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする