2019年09月19日

Raoul Taburin  「今さら言えない小さな秘密」

Raoul Taburin.jpg2018  Director: Pierre Godeau

現代にこれほど ほのぼのした映画は他にない。
たいしたことではないのだが、ツール・ド・フランスや自転車が重要なこの土地で、本人にとっては重大なこと。彼の体験上のジンクスもあり、何度か試みようとするものの、機を逃し、誰にも言えない秘密を墓場まで持っていく覚悟を。秘密を抱えていることに悩んだり、秘密がバレることに焦っているのは主人公だけで、悪者もおらず、至って平和な内容も然ることながら、こじんまりと美しい田舎町の雰囲気がベストマッチ。緩~いようで、突拍子もなく、素朴なファンタジー映像も含み、なんて独創的な穏やかさの世界観。
フッとほくそ笑む緩さの中で、子どもから中年になるまでの配役の顔が明らかにブノワ・ポールヴールドに近づくことには 心の中でフッと笑いが。
ラベル:映画 R
posted by JUNE at 22:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする