2020年02月15日

Jeremiah Terminator LeRoy  「ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏」

Jeremiah Terminator LeRoy.jpg2018  Director: Justin Kelly

題材は興味を引くのに、盛り下がった..。
クリステン・スチュワートは中性的な魅力を活かし、彼女のきれいな顔立ちを再認識、ローラ・ダーンは 演技も見た目にもエキセントリックさが際立つ。ダイアン・クルーガーはこのところ上品なイメージを払拭しようといているが、実際サラを演じたのは強烈なアーシア・アルジェントだっただけに、なかなか彼女になるのは難しい..。ただ、サラの映画撮影中の1シーンのダイアン・クルーガーは 結構アーシア・アルジェントのサラに寄せている。
映画公開の頃、原作者は謎に包まれた美少年だと、サラの息子ジェレマイアを彷彿とさせ、今作のクリステン・スチュワートの衣装と同じようなハットにロングヘアスタイルの若者のイラストが書かれたチラシを見た。その後 時間が経って、偽装だったというニュースを聞いたけれど、そういえば当初からフェイクっぽかったなと もうたいして興味が湧かなかった。
「サラ、いつわりの祈り」が衝撃作だっただけに、ここで作者の件を映画化しても、このぬるさでは つまらなくさせただけ。しかし、衝撃の事実に焦点を当てたのではなく、JTを演じたサヴァンナの葛藤と 真の作者ローラとの関係性を描いたドラマなのだと。それでも なぜか、ローラにしてもサヴァンナにしても共感が持てず、嘘ばかりでは どうでもよくなってくる..。
JTのTが ‘ターミネーター’ だったとは ふざけている..。
ラベル:映画 J
posted by JUNE at 19:30| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1917  「1917 命をかけた伝令」

1917.jpg2019  Director: Sam Mendes

クリフトファー・ノーラン Dunkirk に続き、サム・メンデスの また戦争映画の新しい形。
若い兵士が命じられた、イギリス軍を動かす重大なミッション。ブレイクには兄の命が懸かっている、スコフィールドは戦友のため重責を担うことになる。任務遂行のため、度重なる過酷な状況を突き進む。1917年4月6日から一度夜が明け、ほぼ1日間の出来事が描かれている。
確かにシーンが全く切り替わらず、カットしてもその場からスタートしているらしく、全編がつながっていて、主人公の目線と近距離でカメラも進む。その臨場感は圧巻で、彼らと現地を進んでいる感覚。危険が迫り来る戦場と、若い兵士2人のやりとり、1人きりでも彼の心の声が読めるようだ。ダイナミックな映像だけでなく、多くを語らずとも心の動きが表現されている。戦場の悲惨さの中に、広大な自然の美しさも観る。
コリン・ファースやマーク・ストロングといった有名俳優がほぼ1シーンずつしか登場しないのも珍しい出演のし方で、この重役だったのかと 出演俳優として名前を耳にしたことを忘れた頃に現れる人も。初めから明らかにしないのも おもしろい。ベネディクト・カンバーバッチが出ることはすっかり忘れていたし、もう1人の任務の的であるブレイクの兄役は出演することすら知らなかったが、弟ブレイクに少し似ているから納得。主人公は 歌うスコットランド映画の頃以来 時々観かけるようになったジョージ・マッケイで、彼の行動だけを追うことになろうとは。
アカデミー賞作品賞はこの映画がとるべきだったと確信する。大作でも白人の映画でも 良い映画は良いのだから。映画には 心に響く内容と、どこかに美しさを求めたい。カンヌではないわけで、まったく最近のアカデミー賞はどうかしてしまっている..。
ラベル:映画 1
posted by JUNE at 13:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする