2020年09月12日

Hors normes  「スペシャルズ」

Hors normes.jpg2019  Directors: Olivier Nakache, Éric Toledano

ヴァンサン・カッセルとレダ・カテブ、有名な2人の主演で、この役のイメージが湧くかと疑心暗鬼だったが、2人の演技は本当に良く。ヴァンサン・カッセルの表情と動き、レダ・カテブの心のこもった熱い言葉。
国側の視察、無許可であり 責任がとれないこと、資金面と問題を抱えていて、主人公ら支援者のやるせない途方にくれる姿も観られる。それでも、障害を持つ子どもたちを助ける 彼らの無償の精神と強い意志は変わらない。施設の子どもたちの対応に日々奔走しながら、心から子どもたちを見守る優しい瞳。また、代表者たちは若い支援者を育て、団結していく。大人として未熟ながらも支援者として学ぶ若者、障害のある子どもの親の気持ちと実態もとらえ、政府も代わりとして受け入れられないことや、社会に対して問題提起する内容でもある。
ところどころ微笑ましいコミカルなやりとりあり、コメディーになりそうな雰囲気もあるが、内容の重みとセリフの深み含め、シリアスな作品であることは間違いなく、そのバランスも良く、支援者側の献身的に行動する姿には脱帽、穏やかな感動で胸いっぱいになる。
音楽使いと、登場人物の心の視点であるようなピントの合わない映像も 作用。
ラベル:映画 s
posted by JUNE at 15:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする