2020年10月24日

Madre  「おもかげ」

Madre.jpg2019  Director: Rodrigo Sorogoyen

惹きつけられ 気になる展開なのだが、消化不良。謎は解けない。エレナの心の再生が観えたということで結論づけたようだ。
10年前の事件については不明のまま。失踪しているのは確か、捜査したわけで、元夫は普通に生活している、しかし 敢えて事件の詳細は一切不明。10年後に出会ったフランス人の少年ジャンに真相は無く、息子イヴァンのおもかげがあるだけで ジャンはイヴァンとは無関係最後に ジャンはエレナの過去を周囲に聞いたのだろう、知っていたが、それがわかったところで エレナは吹っ切れるか?心が通じ合うジャンとの別れを気持ちの区切りとした?ラストのエレナの行動は 彼女の気持ちの大きな変化を表すが、なぜ?元夫ラモンを許す気持ち?わからない。
家族から森へ逃げたジャンからの電話をエレナが受けている時はドキッとする、彼女がイヴァンと必死に電話をつなぐ冒頭のシーンにリンクするから。
主人公エレナ役、スペイン人の彼女がとてもきれいな人で、海辺の町、ロケーションが良い。エレナにとっては心が離れられない、執着し続ける場所。
エレナとジャンを恋愛関係だととるオーディエンスの声が多く、確かに男女逆なら観方は違うかもしれないが、私には2人がそういう関係には観えない。母親が未解決の息子に執着するのは当然で、簡単に忘れることなどできるはずもなく、何もしないで生活することなど。その現れ方は人それぞれだろうけれども。多少ラストはわかりづらく、ジャンがいったいどういう気持ちでエレナに接しているのかも少しわからないが、個人的には 多くのオーディエンスの見解のような展開を観たくない気持ちがあり、主人公の再生の一歩を描くものであると考える。

ラベル:映画 M
posted by JUNE at 18:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Trautmann  「キーパー ある兵士の奇跡」

Trautmann.jpg2018  Director: Marcus H. Rosenmüller

戦争ゆえの偏見と、その中で生まれた愛とチームと、赦す人の行動、消えない心の傷と再生。戦争時代~主に戦後直後~のストーリーとしては穏やかに描かれ、善人タイプの主人公として申し分ない主演カップル、ストーリーに起承転結の波をつけ、戦争の痛ましさと逆境、その後の人々の変化、人の温かさも感じられ、幸せな時と 事態の一転、さらに落ち、再生へ向かう時 と観やすく、文句のつけようもない。
言うならば、全体的に多少重みには欠ける。人物像の設定としてはありふれていて、主人公ドイツ人のバートはいかにも善人で個性に欠け、サッカーイギリス代表チームに入るような体格には見えず、芯の強いヒロイン像は若干演出風 。そして2人が恋に落ちる展開は初めから目に見えている。バートの心の奥で消えることのない戦時中の罪悪感について、これはポイントになるところで、心に響くが、途中から察しがつく。
ラベル:映画 T K
posted by JUNE at 13:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする