2021年02月27日

Babyteeth

Babyteeth.jpg2019  Director: Shannon Murphy

淡いカラフルなカラーに、若さが瑞々しく。向かう方向が観える反則の病と青春、家族のテーマに、現実味には欠ける映画らしさがある。父がカメラに収めるように、彼女の存在を、輝く瞬間を観ているよう。 なんだか周囲のいくつかの小さい問題を一気に解決させて、関係あるような ないような皆が集まる、この映画自体が彼女のために美しい時間をつくっているように。
ベン・メンデルソーン以外は知られた顔がないにも関わらず、インディペンデント風と アメリカンティーン映画風~この映画はオーストラリア映画~の中間をいくタイプにマッチする なかなかよいキャスティング。
海の波の音のエンディングというのは、他の映画でも記憶にあるが、爽やかに寂しく、思いを巡らせたり、ただ波の音に耳を傾けているだけでもある。
ラベル:映画 b
posted by JUNE at 20:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Capone

Capone.jpg2020  Director: Josh Trank

伝記を想像して観ると違う。アル・カポネという人物について誰もが耳にしていること前提で、過去の彼の行動や関わった人物を反映する幻覚を伴う病の中で 朦朧と晩年を生きる彼を観る。
彼が隠しているという情報の大金について探り出そうとする警察等の動きも進行しているが、それについては 結末がというよりも フォンス自身が劇中そこに触れる流れはないため、テーマとして意味を成さない。ただ、自分以外、家族も信じない彼の精神が垣間観える。
時間交錯し、後半は現実か幻覚か区別がつきにくくなるシーンもあり、すぐに発覚するものの、とにかく彼の幻覚と倒れるのを観続ける苦しさ。
そして唯一の感傷的なエピソードで締めるのは、良いようで、多少 手抜きに観える。
実在したある種の有名な人物を これまでの映画とは違う角度から取り上げた挑戦的な作品ではあるが、一般的に考えられる人物像から想像するものとはかなり違う描き方に。
トム・ハーディーは実際、カイル・マクラクランやマット・ディロンよりかなり若いわけで、特殊メイクもあるが、貫禄あり。ただ、イギリス映画 Legend の双子のギャングスター役の片方と演技の感じがとても似ている。
ラベル:映画 C
posted by JUNE at 14:30| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする