2017年01月23日

Maggie's Plan  「マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ」

Maggie's Plan.jpg2015  

Director:

Rebecca Miller

オープニングからハッピーな雰囲気を感じられる。
温かみのあるカラフルなマギーのファッション、ウッド調のコンパクトな 独身時代のマギーのアパート、結婚後のマギーの家はポップ、と 見ていて楽しいカラー、スカを織り交ぜたバックミュージックも和む。
愛すべきキャラクターのマギー役に グレタ・ガーウィグが絶妙にマッチ。訛りが少々気になるジュリアン・ムーアはどんな役柄も様になり、マギーも会ってみると彼女の魅力に気づいた、知的で ときどき気弱な部分もみせるジョーゼット。そして、イーサン・ホーク演じるジョンの 身勝手、進歩のなさ、優柔不断、子どものように人のせいにして反省の色なしの ダメ男ぶり。近年のイーサン・ホークは こんな役が多く、残念ながら彼も役柄にマッチしてしまった。若かりし好青年は いつからこうなってしまったのか・・。
マギーの友達、親友ならではのダメ出しも温かい。
ジョンとジョーゼットは家族のことを愛しているが 独りよがりな行動をとるのに対し、マギーは間接的な家族も含め、家族のために 頑張ってしまう。自分に正直で、短絡的なところもあるマギー。
ジョンがダメなだけに、うまくいくはずもない夫の元妻ジョーゼットとマギーが仲がわるくもないのは 微笑ましく思える。マギーだから できること。
夫婦、子ども、仕事、理想と現実、教訓になるような現実味のある内容でもあり、人生においていつも順調とはいえない複雑な人間関係、人生観を、マギーのキャラクターで、時には悩みながらも 明るく前向きに描く、ハッピーオーラの この映画。
ラストは また1つマギーを取り巻く人間関係を複雑にしそうな展開を予想させるが、マギーには幸せになってほしいから。
ラベル:映画 M
posted by JUNE at 02:12| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください