2017年01月30日

Egon Schiele: Tod und Mädchen  「エゴン・シーレ 死と乙女」

Egon Schiele.jpg2016  Director: Dieter Berner

画が絵画のように美しい映画。ウィーンの風景、彼のアトリエ兼自宅。
ストーリーは一言に美しいものだとはいえない、彼を取り巻く女性たちからすると複雑であり、また、彼が描く芸術は全ての人に理解されるわけではない、個性的な若い1人のアーティスト、エゴン・シーレの生き方。モデルとしての女性たちに惹き付けられ、また、女性たちをも魅了した画家。絆の強い妹と生涯を通じた関わり、特別な存在の女性ヴァリ、トラウマとなる父親の記憶、戦争中の時代背景がもたらしたもの。
ヴァリは彼のミューズの1人でもあり、彼のことを理解するパートナーでもある。結婚にとらわれないことは2人に共通する考えでもあったが、特別な存在であるとしながらも ヴァリを結婚相手ではないとして別の女性を選んだのは、彼の独特の感性か、世相によるのものか。ヴァリの身になると大きなショックだが、離れ離れになっても 心は通じ合っている2人。脚色あるにしても。
タイトルに彼の心が表れる“死と乙女”。2人の関係を表す大きな意味のある彼の作品であり、ヴァリの死の知らせにより、“男と乙女”からタイトルを変えるという皮肉ないきさつ。印象に残る作品となる。
時代の風潮は、28歳という若さの彼の才能に幕を閉じさせた。
エゴン・シーレ役の俳優の美しいこと。ヴァリ役はエゴン・シーレが惹かれる特別な魅力を持つ女性でなければならず、典型的な美人ではなく、他の女性とは一風変わった奔放な雰囲気のある人。
ラベル:映画 E
posted by JUNE at 05:39| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください