2017年01月09日

Mortdecai  「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」

Mortdecai.jpg2015  Director: David Koepp


ストーリーには初めから期待していない。キャラクターとつくり。

ジョニー・デップはキャラものばかりで、彼の大げさなような演技にも慣れた。

意外と合うのがグウィネス・パルトロウ。チャーリー・モルデカイの妻役なのでジョニー・デップと年齢的に釣り合わないと あまり若くてはいけない、であって かわいらしくもあり、いかにも有名女優なのに いやらしさなく。そして細長い。

ジョニー・デップと共演なんて珍しい、実は ユアン・マクレガーが出るから観たようなものだ。警察として真面目だが頼りなくもあり、グウィネス演じるチャーリーの妻にメロメロで、彼らしいチャーミングな笑顔を見せたり、チャーリーに対抗してみたり、間抜けなコメディーが似合う。脇役~3番手メインキャストであるが、ジョニー・デップの映画でもあり~なので、中途半端ではあるが。しかし最後、彼は憎まれるような人物ではないのだから、そんな脇役の扱いしないで、放っておかないで。

ジョニーとユアン2人を比較すると、5歳ぐらい年上だろうジョニー・デップは若く見える。

チャーリーの従順な用心棒でサーバントのポール・ベタニーも なかなかよいキャラ。

ストーリーは本当におもしろくない。

飛行機でロンドン、LA、ロシアと移動するグラフィックがgood.
ラベル:映画 M
posted by JUNE at 09:57| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください