2017年04月23日

Beauty and the Beast  「美女と野獣」

Beauty and the Beast.jpg2017  

Director:

Bill Condon

本当によくできたディズニー大作。「シンデレラ」でもディズニー中のディズニー映画における近年の進化を感じたが、それを超えた。
プリンセスストーリー、完璧な歌唱の ディズニーらしいミュージカルスタイル、セットに衣装にと映像の全てが17世紀(?)ヨーロッパファンタジーの世界、キャラクター性のある温かくコミカルな演出。外見や地位にとらわれず人を愛すること、恐れない勇敢な心をメッセージに。
CG多用で、個人的にはあまりCGは好まないが、ディズニー映画にはアリかと。
エマ・ワトソンは 若く品のある美人で、プリンセスにも町娘にもぴったり、自分を持った強く思いやりのある美しいベルに適役。
ダン・スティーヴンスは 古風なイメージの美形で体も大きいので、プリンスにぴったり。
ビーストの目の印象に気づいたとき、あんな毛に覆われていても彼の心を表すビーストの目を見た。
ルーク・エヴァンスも よい歌声で、見映えのする悪役かと。
プリンスだけでなく、城内のしゃべる家財道具たちの魔法が解けるのはハッピー度倍増エンディング。というのも、私はシンデレラとスノーホワイトぐらいしかディズニーストーリーを知らない。そんなストーリーだけでなく、魔法が解けて俳優たちがお目見えするのは やっと楽しみにしていた瞬間でもある、個人的には。
ユアン・マクレガーの声は実は出演時間が長い。家財道具の中で最も出番が多く、しゃべり続ける蝋燭。歌とダンス~ダンスは蝋燭が~の長いシーンも披露。ユアン・マクレガーはいろんな映画の中で実はよく歌っている。
エマ・トンプソンは 本来こういうコスチュームが似合う人のはずだ。しかし、映画の大半がポット婦人。
ホットトピックな ジョン・レジェンドとアリアナ・グランデのエンディングテーマより、劇中の洋服ダンスの女性と 締めの意外なエマ・トンプソンのテーマソングがよい。

さて、エマ・ワトソンは「La La land」を蹴って正解。彼女は純真なディズニープリンセスが似合うし、「La La Land」で笑顔で終われない彼女を見たくはない。それに、エマ・ワトソンは若く見えるので、「La La Land」はライアン・ゴズリングと釣り合う世代に見える女優を~「La La Land」をエマ・ワトソンに合わせて「セッション」のマイルズ・テラーにするのは魅力に欠ける~。
ダン・スティーヴンスのプリンス納得感とは違い、「シンデレラ」のプリンス役はいまいち、出番も少ないしまぁいいか-と思った。
余談。

ディズニー制作アニメーションの実写化かつプリンセスストーリーとなると、ディズニー映画のオープニングとエンディングのシンデレラ城ロゴが 極めてマッチする。あたりまえ。
ラベル:映画 b
posted by JUNE at 01:22| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください