2017年06月18日

King Arthur: Legend of the Sword  「キング・アーサー」

King Arthur.jpg2017  

Director:

Guy Ritchie

歴史的スペクタクルものに珍しい、このチーム心理戦的な時間交錯の小細工は、はい、ガイ・リッチーでした。かるいギャングものやスパイもののテンポ感にはもってこいだが、スケール大のスペクタクルものに取り入れても、何をちまちま説明する必要があるのか、挟み込むことで ドタバタして 逆にテンポが悪くなり、訳がわからなくなるだけだ。観方によっては、ワンパターンになりがちな歴史スペクタクルものが 一部、ひと味違った印象になるので、それは好きずきか。イギリス仕立てなのは多少新鮮で、個人的には好み。
デイヴィッド・ベッカムがちらっと出演する噂は聞いていた、見た目に問題なさそうな想像。しばらくベッカムをメディアで見ていなかったので、久々に見ると歳をとったなと、それでもやはり武装した彼は俳優として違和感なし。しかし、違和感あるのは..その1シーンに完全にコケてしまう。そう、ベッカムの声でした。これでは主演級の役は無理だ..。険しい顔をしているシーンなので、ベッカムにはベッカムスマイルを見せてほしいものだ。
アーサー、この手の主人公にしては、少々チャラいような。チャーリー・ハナムは十分魅力的で、ガイ・リッチーによるものかと。大作に出始めたチャーリー・ハナムだが、「パシフィック・リム」よりは観られるものかと。しかし、小ぶりな映画で光る彼を観たい。
ちょっと出だけども、エリック・バナは似合う。エリック・バナが良い人で、ジュード・ロウが悪いほう というのも納得の印象。
ジュード・ロウの役、髪の毛の量を増やすことによって 若い頃の設定を表している、わかりやすい(?)。なんにしても、彼は目が美しく、目力あり。
男優に比べて、女優は きれいだが 無名の人たちばかり。
ゴシップ話題ばかりになったが、キャストは重要。わるくはない、CGも多用のスペクタクル巨編でした。
ラベル:映画 K
posted by JUNE at 20:49| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください