2017年06月25日

Polina, danser sa vie  「ポリーナ、私を踊る」

Polina, danser sa vie.jpg2016  

Directors:

Valérie MüllerAngelin Preljocaj

ロシア。東欧の雰囲気の映画の印象で始まり、主人公ポリーナのバレエにおけるサクセスストーリーかと予想したが、それとは少し違う、現代風ともいえる展開を観せた。
タイトルが「ポリーナ」であるように、彼女が自分の生きる道を切り開き、ダンスを自分のものにし、成長していくストーリー。
裕福ではない家庭環境で育った彼女の両親との関係や、母国のダンススクール講師とのやりとりも描かれる。
幼い頃から野心のある一面をみせていたポリーナ、母国を離れ、ボーイフレンドとフランスへ、父親の希望でもあったプリマの道からコンテンポラリーダンスへ転向する。怪我と葛藤、新天地ベルギーでのアルバイト生活、新たな出会い。母国ロシアでボリジョイバレエを目指す かつての彼女の姿はもうなかったが、どこにいようと、ポリーナのダンスの基礎と能力は光っていた。
ポリーナにしか見えない森の中の雄のトナカイ、それは変わりゆくポリーナの幻想だともとれ、彼女の師を表現しているとも。
ポリーナ役の彼女の目力は印象的で、美しく、強いポリーナを。彼女やベルギーのパートナーなど 一流のダンスも必見。
ジュリエット・ビノシュがコンテンポラリーダンスの先生であることには説得力がない気がするが、彼女はダンスがテーマの舞台をやっているらしいから。ポリーナの周りには、地元の師匠、フランスのボーイフレンド、ベルギーのパートナーと 男性ばかりなので、ジュリエット・ビノシュを加えたとの監督の話。
ラベル:映画 p
posted by JUNE at 18:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください