2017年07月22日

American Pastoral  「アメリカン・バーニング」

American Pastoral.jpg2016  

Director:

Ewan McGregor

ユアン・マクレガーとジェニファー・コネリー夫婦の娘はダコタ・ファニング。
第三者でスタートして 過去にさかのぼるつくりは、原作小説的。しかし、誰??っていう第三者。デイヴィッド・ストラザーン。
ユアン・マクレガー初監督作品にして、まとまりのある、力作ヒューマンドラマ。にしても、ストーリーは最後まで浮かばれない。
言いたいことはわかる。しかし、そんな世相を反映した重めな政治的、社会的ストーリーが アメリカ映画的に繊細さを欠いているのは、少々もったいない。
娘メアリーの変化の描写が唐突にも感じるのはストーリーラインの問題だが、ダコタ・ファニングも現実味に欠ける印象。彼女よりもむしろ、その1つ前の時代の幼いメアリー役の女の子が良い。
愛する娘のことをあきらめることなどできない父親と、精神のバランスをくずし 現実から逃れようとする母親。
時代の流れがそうさせた、幸せな美しい家族の崩壊。
ラベル:映画 a
posted by JUNE at 23:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください