2017年09月23日

Sur quel pied danser  「ジュリーと恋と靴工場」

Sur quel pied danser.jpg2016  

Directors:

Paul CaloriKostia Testut

フレンチミュージカルタッチは目新しいが、スタイリッシュさはなく、1曲が長いとダレる。歌う必要ないような。
田舎町で不景気の中、正社員を目指す主人公ジュリー、本社の近代化計画により、職を追われまいとストライキを起こす靴工場の女性職員たち という社会的ストーリーを ゆるく、コミカルに。
頑張ってきた、待望の正社員になれるというときに、ジュリーは 違うものを選ぶ。‘愛が大事’は美しいようで、この映画のテーマがブレる。再稼働した靴工場で 仲間たちと生き生きと働くとともに、サミーと仲直りして と、仕事も恋も手に入れたハッピーエンディングにすればよいのに。
主人公ジュリー役の彼女は、どこで観たのだか..「エデン」か。脇役タイプだが、この映画の雰囲気には合う、抜けた キュートさ。
彼サミー役は、若いヴァンサン・カッセルのようだからか どうもワルに見え、魅力があるとは思うが、ジュリーには合わないような。
Sur quel pied danser.jpg2016  

Directors:

Paul CaloriKostia Testut

フレンチミュージカルタッチは目新しいが、スタイリッシュさはなく、1曲が長いとダレる。歌う必要ないような。
田舎町で不景気の中、正社員を目指す主人公ジュリー、本社の近代化計画により、職を追われまいとストライキを起こす靴工場の女性職員たち という社会的ストーリーを ゆるく、コミカルに。
頑張ってきた、待望の正社員になれるというときに、ジュリーは 違うものを選ぶ。‘愛が大事’は美しいようで、この映画のテーマがブレる。再稼働した靴工場で 仲間たちと生き生きと働くとともに、サミーと仲直りして と、仕事も恋も手に入れたハッピーエンディングにすればよいのに。
主人公ジュリー役の彼女は、どこで観たのだか..「エデン」か。
脇役タイプだが、この映画の雰囲気には合う、抜けた キュートさ。
彼サミー役は、若いヴァンサン・カッセルのようだからか どうもワルに見え、魅力があるとは思うが、ジュリーには合わないような。
ラベル:映画 s
posted by JUNE at 14:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください