2017年10月28日

Blade Runner 2049

Blade Runner 2049.jpg2017  

Director:

Denis Villeneuve

ハリソン・フォードとのダブル主演ではなく、完全にライアン・ゴズリング主演の流れ。主役に若手大物を持ってこなければ 、失敗はできない、一部ではかなり注目度の高いSF続編。人気者であればよいわけではない、陰のあるタイプの俳優、彼は うってつけ。
ハリソン・フォードや過去の作品のキャラクター、エピソードのつながりは重要で、ファンを惹きつける。
美しい映像に定評のあるドゥニ・ヴィルヌーヴ監督によって、広大なSFの世界と、暗く、雨が降る、荒廃したオリジナル版の近未来の雰囲気を保ちつつ、バージョンアップさせ。低音の響く不協和音も「ブレードランナー」の特徴。
物悲しさのある、人間とレプリカントが共存する近未来。人間らしいレプリカントは、自分の生い立ちを理解しながらも、違うルーツを探ろうとし、現実に直面する。奇跡を目にする者もいる。
ストーリー性があるため引き込まれるが、映像の見心地のよさなのか、常に暗いからなのか、ほぼ停止しているような映像が数秒続くシーンが多いのも この監督の特徴で、気を引き締めないと眠気を誘う。
しかし、SFの映像美に神秘的なものが加わる、これはドゥニ・ヴィルヌーヴフィルム以外にはない。
続く..というわけだ。出番が少なかったジャレッド・レト扮するウォレスのその後や人物像は謎。抵抗軍レプリカントたちは密かに武装している。K(ライアン・ゴズリング)は続編に再出演することも降りることもできるラストだ。
レイチェルと彼女は 目が少し似ているかもしれない。
ラベル:映画 b
posted by JUNE at 20:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください