2018年02月24日

Una Mujer Fantástica  「ナチュラル ウーマン」

Una Mujer Fantástica.jpg2017  

Director:

Sebastián Lelio

LGBTをテーマとした映画も最近は多い中、極端にドラマティックにつくられてはいない、シンプルで自然な、また初めての印象の作品。
主人公マリーナ視点であることを強く感じる。
シンプルなつくりの中に、ささやかな、しかし重要なメッセージが込められている。かなりの前傾姿勢で強風に立ち向かう。鏡に映った自分。ロッカーの中、この展開は他の映画では予想できないタイプのものだ。
そして何よりも、彼女の目力。
マリーナは、愛する人を失い、周囲からの差別や偏見を受け、それでも そのつらい気持ちを表に出さず、弱音を吐くこともない。自分の権利を主張、行動に移す、彼女の強さが目に表れている。
しかし、彼女は 心の中で自問自答している、叫んでいる、心の拠り所を求めている、それが伝わってくる。
マリーナは、彼とのつながりを探している。しかし何も残っていない。そして、導かれる。
彼女は新たに前を向いて、ステージに立つ。
チリの映画。
ラベル:映画 U
posted by JUNE at 14:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください