2018年02月25日

Mark Felt: The Man Who Brought Down the White House  「ザ・シークレットマン」

Mark Felt.jpg2017  

Director:

Peter Landesman

おかしな邦題にしたものだ。主演リーアム・ニーソンがニクソン大統領の役なのかと思って観始めたため、初め混乱したが、FBIのマーク・フェルト視点の話。
ウォーターゲート事件全容の知識は必須。
彼の職務としては不正だが、アメリカの歴史を変えた 正義の行動。CIA、ホワイトハウス、つまり大統領を敵に回してまで、彼自身の意志により、彼が独りでとった行動。
緊迫感のある展開に、目が離せない、聞き逃せない。もっと詳細を知りたくなる。
リーアム・ニーソンは、いつもの穏やかなリーアム・ニーソンにしか見えない。いつも以上に たんたんとしている。ただ、実在のマーク・フェルトの性質がわからないので。機密事項を扱う立場で、さらに個人で極秘行動をとる人物なわけで、目立つ行動、言動、表情は皆無だからか。
タイム誌のスミス役は 名言を残してみたり、印象の強い出方なのだが、ワシントンポスト誌のウッドワード役は 重要人物なのに 印象が薄過ぎる。
ダイアン・レインのフェルトの妻役を見ている限り、キャプションの彼女の末路は想像できないもので、ショックだ。マーク・フェルトのFBIとしての動きや事件との関わりだけでなく、家族の事情にも劇中 触れていただけに。
リーアム・ニーソンが かなりげっそりして見えるが、大丈夫なのだろうか。実在のマーク・フェルトと似せているようではないので。
ラベル:映画 M
posted by JUNE at 00:01| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください