2018年03月30日

Valerian and the City of a Thousand Planets  「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」

Valerian and the City of a Thousand Planets.jpg2017  

Director:

Luc Besson

「アバター」と「スター・ウォーズ」のキャラクター共存、ゲーム感覚のSFアクションといったところ。「フィフス・エレメント」も同じくリュック・ベッソンフィルムで引き合いに出されるが、観たことないので。
子ども向けストーリーと SF苦手の私にはさっぱり興味が持てない..。たいして期待もしていなかったが。映像を見るだけに徹する。リュック・ベッソンがSFを撮ると こうなるのだ、ピンとこないが。
いろんなSF近未来的アイデアが詰まっていそうなので、好きな人は好きな映画だろうし、フランスの人気コミックの映画化らしいので、コミックを知っている人は観方が違うはず。
それでも私が気に入ったシーンは、リアーナのステージと、冒頭のパール人の星のデジタルビーチくらい。
デイン・デハーンは旬の俳優、カーラ・デルヴィーニュはファッションモデルとして魅力的ではあるが、この主役2人におもしろみがない。デイン・デハーンは実年齢より10歳若く見え、2人とも小柄なので、2人釣り合ってはいる。恋人どうしというより、双子って感じで。
クライヴ・オーウェンを久々に見た。イーサン・ホークも出ていたが、意識が飛びがちで..。
ラベル:映画 V
posted by JUNE at 13:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください