2018年03月31日

Red Sparrow

Red Sparrow.jpg2018  

Director:

Francis Lawrence

旬な俳優、ジェニファー・ローレンスを主役に、マティアス・スーナールツ、ジョエル・エドガートン と、ベテラン俳優、ジェレミー・アイアンズ、シャーロット・ランプリング、微妙なところでメアリー=ルイーズ・パーカー と、おもしろいキャスティング、魅惑の宣伝。
その割に、深みに欠け、低俗な印象の作品。国を股に架けるスパイもの、ロシアンスパイともなれば、シリアスで巧妙な映画もつくれそうなものだが、俳優がそろっていなければ ただのセクシー系三流映画、アメリカ映画っぽい。そして、重みに欠ける話の割に、R指定の2両域において 観ていてあまり気分もよくない。
主人公ドミニカは素質があるにしても、それほどな賢さは感じられず、いかにもな行動。
ドミニカとジョエル・エドガートン扮するネイトとが親密になるのは初めから明らかとはいえ、ドミニカが即すんなり彼に心を許して真実をしゃべるのも 唐突。2人の関係性が希薄なために、ラストシーンはもったいなく終わる。うまくすれば、心苦しくも美しいエンディングになり得たのに。
描きたかった 二重スパイ、駆け引きと裏切りの展開は、観ていて退屈はしないけれども、なるほどーな おもしろさや新しさは たいして無い。エンターテインメントなノリではないシリアスなタイプのスパイものだが、洗練されたものは無い。
ジェニファー・ローレンスは、大胆で 若さみなぎる魅力がある。ただ、上品さを欠く印象は上乗せ。
マティアス・スーナールツは、クセのある、なかなか似合う役どころ。
ジョエル・エドガートンは、ようやく主役級の役に違和感なくなってきたが、魅力を感じるには もう一歩。
ジェレミー・アイアンズの役の位置づけも ピンとこない。
シャーロット・ランプリングは、いつもこの感じ、似合うポジションだが、今回 作品選びをちょっと間違えたのでは?オゾンフィルムとは違うから。
考えてはいけないところだけれども、ロシアとアメリカのCIA絡みの話の中、俳優の国籍が あまりにも ごちゃごちゃなのが気になる。わざと訛りのある英語を話す アメリカ人俳優が演じるロシア人 ということ以上に。例えば、洗練されている「裏切りのサーカス」は イギリス人俳優で固めていたじゃないか..。
ラベル:映画 R
posted by JUNE at 17:16| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください