2018年07月15日

Le Redoutable  「グッバイ・ゴダール」

Le Redoutable.jpg2017  Director: Michel Hazanavicius

アンヌ・ヴィアゼムスキーが 当時のゴダールのミューズであるストーリー背景とともに、アンヌ視点で語られる、ステイシー・マーティン、彼女はこの映画のミューズとも観られ、飄々と チャーミングで、60年代ファッショナブルな魅力全開。華奢な彼女のヌードは いやらしさがないのだが、アート映画をよいことに 敢えて出している感はある。
パリのアパルトマン、ファッション、ストリート、斬新に切り取られていく。アンヌにとっての 変わりゆく革命の時代と映画界、そしてゴダール。とりとめもなく、よい方向へ向かうわけでもなく、しかし、おしゃれで ユーモラス、なんだか このノリの虜になる。
横にスライドするカメラワークや 劇中のサイレント映画、ゴダールの「女と男のいる舗道」の影響がみられる。
ラベル:映画 l
posted by JUNE at 17:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください