2018年06月30日

Solo: A Star Wars Story

Solo.jpg2018  Director: Ron Howard

ハン・ソロのキャラクター性、完全に純粋なヒーロー像とは少し違うアウトローな一面、しかし もちろん悪役ではなく、後の出方は決まっているわけで、またハリソン・フォードの印象もあり。そこを初めて注目された彼が 全体的によいバランスで、主人公としてキメた、スター・ウォーズ、スピンオフシリーズの重要な1話として 成功に違いない。
スター・ウォーズシリーズにロン・ ハワード?って、私には十分スター・ウォーズシリーズらしく観え、文句なし。
しかし、スター・ウォーズに詳しい大ファンは観る目が違うらしい。私には、劇中出てくるカタカナ言葉が意味するのが 場所なのか、人なのか、組織なのか.. わからない。今回は そういうのが少ないほうで、スター・ウォーズ史の細かな点の知識がなくとも 問題ないストーリー。
ヒロインも 小柄であっても、キュートさと美しさ、戦士らしさと女帝らしさを兼ね備え、意外と良く、重要なシーンでも活躍。2人のコンビネーションも良い。
ハン・ソロの名前の由来や、チューバッカとの出会いについて触れてあるのは、得した気分になる。
ウッディ・ハレルソンが出演すると、スター・ウォーズのような気がしなくなるが..。
ラベル:映画 s
posted by JUNE at 18:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください