2018年08月12日

Mission: Impossible - Fallout

Mission Impossible - Fallout.jpg2018  Director: Christopher McQuarrie

まず、テーマミュージックのオープニングとエンディングは やはりかっこよく、心踊る。こういうオープニングは 007かミッション・インポッシブルくらいだ。
素手で戦うハードアクションは 男性トイレのシーンから。敵のカンフー的アクションも2人を相手になかなかのもの。雷雲中のスカイダイビングは ビルの上。そして、実際にトム・クルーズが怪我して撮影が中断したという ビルからビルへ飛び移るアクション、VRのような目線がおもしろく 美しくもあるバイクアクション、そして 最大の見せ場がヘリコプターアクションに、崖ロッククライミングと、この盛りだくさんぶり。もちろん、スパイ大作戦的な侵入や変装も含み、今回は妻との再会も。
続編が前作を上回らねばならない法則は、ここまでいくと 次回が大変にならないだろうか。
トム・クルーズも年々歳をとるが、といっても、サイモン・ペッグのほうが老けて見える。サイモン・ペッグもコメディアンな彼の特性を活かした右腕ベンジー役がハマり、3からレギュラー出演となる。
ミッション・インポッシブルは、トム・クルーズの映画とはいえ、チーム各々の役割と活躍があるのが観るに充実、オーシャンズと同時期公開となると その差歴然。
ただ、二枚目俳優が加わると、ここはトム・クルーズの映画なだけに 場合によっては失敗する。3作目でジョナサン・リース=マイヤーズが全く目立たなかったのは、イーサン・ハントのチームメイトだったからかと。そこで ヘンリー・カヴィルは 若干曖昧な設定とはいえ悪役で、最高悪役ではないのも器的にはちょうどよく、そして最高悪役よりも活躍の見せ場があるという、おいしい役どころで まぁok。スーパーマンの体 継続中だ..。
前作まで2作連続出演して消えたジェレミー・レナーは IMFチームとはいえイーサン・ハントとは立場が違いokか、やはり、チームメイトはトム・クルーズを立てる配役でないとダメらしい。
ただし 女性は別。美しく、戦えるレベッカ・ファーガソン含め、つ・づ・く。
悪役も3作にわたるとは珍しい。
ラベル:映画 M
posted by JUNE at 19:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください