2019年01月27日

The Wife  「天才作家の妻 40年目の真実」

The Wife.jpg2017  Director: Björn Runge

一発逆転、名誉挽回しては?愛想尽かしてと もどかしく思えるが、ゴーストライターのスキャンダルを暴く内容の映画ではない。妻であること、女性であること、夫婦の形が 心に引っかかる。
記者の言うことが図星であっても、他人にはわからない、夫を支える妻として 今まで積み上げてきたもの、そう容易くはないのだ。過去のシーンを挟み、現在があり、観えてくる。男性社会で 才能を秘め、自身を犠牲にし、出会った頃からつくられてきた2人の関係。
仲睦まじい夫婦ともに喜びのオープニングから、授賞式の数日の出来事により ジョーンの溜まったフラストレーションは爆発、崩れていく。
夫のこの結末がなかったなら、ジョーンはどう行動しただろうか。戻ったに違いない。夫しだいで気持ちが離れていくかもしれないが、きっと彼女は。なぜなら 夫のことを愛しているから。
しかし、機内のラストシーンは、彼女の今後を予感させる。
ジョーンの気持ちの繊細な描写、ところどころで観てとれる夫婦関係、最後まで 文学小説的な運び。
グレン・クローズの目が ジョーンの心を表現する。家族の幸せを心から喜ぶ彼女、我慢して 自分の胸の内だけで決着をつけようとする彼女。
メガネのクリスチャン・スレイターは なかなか記者役が似合い、そういえば過去 ヴァンパイアにインタビューもしていたなと。
ラベル:映画 w
posted by JUNE at 23:30| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください