2019年02月09日

First Man

First Man.jpg2018  Director: Damien Chazelle

ニールが月へ持って行ったのは。彼が危険な月面着陸にチャレンジするのは。これで ひとつ彼は乗り越えられたに違いない。脚色にせよ、彼のプライベートに隠されたストーリーには 心を動かされる。
SF映画という意味では、観る人の好みしだいで、スペースシャトルが舞台の映画に退屈する私にとっては、他に同じ。宇宙をテーマにした映画は多いため、映像の目新しさはない。スペースシャトル内は必ず近距離の映像なのが この映画の特徴。緊迫感.. 揺れとアップのシーンの連続で、何が起こっているのかわかりにくいから.. 制御不能に陥っていることはわかる。
地上のシーンでも、ハンディーカメラで追ったような撮り方には、主演人物の心の動揺を感じられる気がする。
デイミアン・チャゼル監督がSF映画を撮ったら どうなるか。そこが気になるところだったが、そういう意味では発見がない。~例えば、クリストファー・ノーラン監督が戦争映画を撮ったら、やはり納得のクリストファー・ノーランフィルムとなった..そういうのもない。~
SF映像よりも、人間ドラマに焦点を当てている。主人公の幼い娘を失った喪失感と それを受け入れること、家族との関わり、妻、死と隣り合わせの宇宙開発。ニールがあまり感情を表現しないキャラクターのため、展開にうまく乗せて その人情面が強く伝わってくるものではない。ライアン・ゴズリングは ライアン・ゴズリングに観える。
SF面でも 撮り方のこだわりはありそうだし、ニール・アームストロングの偉業が大きな意味を持つことは避けられず、全体的に 若干テーマが中途半端な印象。
ともかく、言えることは、デイミアン・チャゼルの路線は まだまだわからない、今後に期待。
ラベル:映画 f
posted by JUNE at 19:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください