2019年03月30日

Film Stars Don't Die in Liverpool  「リヴァプール、最後の恋」

Film Stars Don't Die in Liverpool.jpg2017  Director: Paul McGuigan

親子ほど歳が離れたロマンスのストーリーは、その始まりから絶頂期ではなく、終わりについてが筋。なぜお互い、この状況からストーリーが始まるのか、それが観えてくる。
シンプルなストーリーであるのに、構成がよいため、引き込まれる。回想の わかりやすいタイプの時間交錯、ふたりそれぞれの視点の角度から、想いが伝わり、理解が深まり、感動を誘う。
アメコミ映画に出演するのが最も似合わない女優、アネット・ベニング、実年齢よりいくらでも若く見せることはできるはずだが、敢えて年齢を感じさせる撮り方に? 実在した元有名女優役で、華があり、陰があり、アネット・ベニングには大物の風格があるから。どちらかというとシリアスな表情の印象の彼女だが、今回チャーミングな役柄も強調。
そして、いつ見ても少年のようなジェイミー・ベル、なかなか魅力的で ロマンティックに、若者らしい純粋さも兼ね備え、切なく。顔はよいが魅力に欠けるような そこらの若い俳優とは訳が違う。
脇役で多くの映画に出演する ジュリー・ウォルターズも 味があってまたよい。
ラベル:映画 f
posted by JUNE at 17:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください