2019年06月29日

Dark Phoenix  「X-MEN: ダーク・フェニックス」

Dark Phoenix.jpg2019  Director: Simon Kinberg

前回から ヒュー・ジャックマンのX-メンシリーズ初期の主要メンバーに近づき、さらに掘り下げる模様。未来である初期メンバーと その若い頃である現メンバーとで うまいキャスティング。
ミスティークを取り上げたことはあった、彼女は常に代表メンバーだが、今回はジーン・グレイに注目。最強のスーパーパワーを持っているのはチャールズとエリックだが、ジーンはそれをしのぐらしい
マイケル・ファスベンダーが現れたときには、彼を忘れていたなんて!と。彼がマグニートーのヘルメットを被るときには ロングコートを着ること、それくらいしないとファッション的におかしいから。
今回、悪役にジェシカ・チャステインが一時的に加わったが、彼女でなければいけないか?彼女は最近いろいろと出過ぎだから。まぁ例えばニコール・キッドマンクラスがやるよりはよい。前回の悪役オスカー・アイザックの変身ぶりは誰だかわからなかった。ジェシカ・チャステインとスコット役タイ・シェリダンは 実はテレンス・マリック「The Tree of Life」で親子役を演じている。タイ・シェリダンは3人兄弟の末っ子の子役だった。
レイブンとジーンのここでの結末は、ヒュー・ジャックマンのX-メンシリーズを考えると 状況が変わることは明らか。しかし、ここは、悲しくも一件落着とし、まだまだ続きますよといった具合に終わる。
X-メンも若干目新しさがなくなってきて、やはりジェイムズ・マカヴォイとマイケル・ファスベンダーでなければ観ないだろう、私は
ラベル:映画 X d
posted by JUNE at 21:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください