2019年11月15日

At Eternity's Gate  「永遠の門 ゴッホの見た未来」

At Eternity's Gate.jpg2018  Director: Julian Schnabel

とにかくハンディーカメラの揺れ、常時ではないものの、近距離撮影も遠距離も揺れるので、酔いそうで直視し続けられない。映像はゴッホの黄色と自然の色を印象づける美しさだが、どこか気が散る。ゴッホの視点や頭の中を描いたものだと捉えると、それはアーティスティックな世界。
ゴッホについてのあらすじは 油絵デザインの「ゴッホ 最期の手紙」が予習になり、死の真相について 今作では言い切ってある。
有名画家役でも安定の 赤毛のウィレム・デフォー。彼と意外な組み合わせのため即気づかなかったが、弟テオ役にルパート・フレンド、ゴーギャン役にオスカー・アイザック、他フランスを中心に多国籍な有名俳優が少しずつ出演。ヴァンサン・ペレーズなんて ちらっと映っただけ。
ラベル:映画 a
posted by JUNE at 12:30| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください