2020年02月29日

Les misérables  「レ・ミゼラブル」

Les misérables.jpg2019  Director: Ladj Ly

冒頭、美しきパリを象徴するエッフェル塔や凱旋門をバックに 歓喜に沸く民衆、少々騒動くらいに。
まもなく、郊外のモンフェルメイユ、華やかなパリと対照的な、裏の姿が舞台となる。貧困と 人種の偏り、各コミュニティーがあり、対立の空気間。権力を振るう警察に対する反感も含め、何とか抑制されているものが、今回の事件をきっかけに火が付くと、怒りと憎しみが集団の力で暴動となる
日中担当警察は なぜ子どもを追ってばかりいるのかという気になるが、子どもの犯罪も日常的に蔓延るわけだ。警察の荒手な権力の行使は不快なものだが、その警察たちにも それぞれ家族がいて生活があり、地位を気にし、恐怖心も持つ一面を観せる。新入りの警察官ステファンは戸惑い、少しでも正そうとするが、完全に巻き込まれる。
警察がまず追った少年イッサの 子どもなのに哀れな姿、そして憎しみの表情への変化。子どもたちの無邪気に遊ぶシーンが 対照的に、集団の武力と化す。現代的な要素のドローンで起こったことを上から全て見ている少年バズ、たまたま居合わせた傍観者の立場から、騒動をエスカレートさせることに。
リアリティーのある撮り方で、日常的な実情を映し出すところから、事態は悪い方向へ転じ、衝撃が走り、考えさせる 終わることのないラストシーン。
今 表現として話題となる格差社会と、微妙な様相で人間臭さを観る。この地区出身のラジ・リ監督、事実に基づく内容だという。内側から社会問題を取り上げ、ドキュメンタリーではなく、リアルに 心に訴えかける表現、異色の素晴らしい作品。カンヌ、パルムドール受賞はこの映画でよかったのでは。
ラベル:映画 M
posted by JUNE at 18:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください