2020年11月01日

Lady Macbeth

Lady Macbeth.jpg2016  Director: William Oldroyd

1時間半で収まる展開にしてあるのは賢明。魅惑の危うさからスリラーへと。フローレンス・ピューの我慢から したたかに変貌していく、強い目が印象的。
男は罪の意識に耐えられず、女は貫く。そして屋敷は女王だけになった。
悪女のストーリーということになるが、主人公の彼女がつらい状況で終わるより 小気味よく、それでも正当防衛を除けば罪深い。
ラベル:映画 l
posted by JUNE at 19:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください