2020年12月19日

The Kindness of Strangers  「ニューヨーク 親切なロシア料理店」

The Kindness of Strangers.jpg2019  Director: Lone Scherfig

国籍も混じった主演の組み合わせは珍しく、超有名俳優や売れっ子の出演ではなく、でも なかなか魅力的な人たちがそろっているかと。
ゾーイ・カザンはとてもかわいいが、彼女のエピソードは 深刻なストーリーなのに 若干映画のシナリオらしく観える。英語は珍しい、あまり訛りがわからないタハール・ラヒムは、もっとシリアスな映画に向く気がする、いや ストーリーはシリアスともいえるのだけど、ロシア料理レストランのマネージャーという設定は彼にマッチする様子が観られず、立ち位置は魅力的で彼らしいが、人物像がいまいち不明なままなので 取って付けた流れに観える。アンドレア・ライズボローとケイレブ・ランドリー・ジョーンズはとても良く、ビル・ナイはビル・ナイらしく和む。
締めのシーンであるのに、ゾーイ・カザンがタハール・ラヒムに渡したプレゼント、中身もシーンとしても奇妙だ..。
しかし、良作。それぞれに悩みを持つ登場人物たちが集まってくるのはロシア料理レストラン。なぜロシア料理店である必要が?それはよいのだけど、ここでは原題に寄せなくても.. 邦題がお粗末だ。
ラベル:映画 K
posted by JUNE at 14:00| Comment(0) | 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください